好奇心旺盛な子ねこ
好奇心旺盛な子ねことだったら
すぐに仲良しになれますね
猫と暮らしたことがある経験者はご存じでしょうが、猫に気に入られる人は「猫の苦手なことをしない人」です。
猫は非常に個性豊かな動物。人間が大好きでいつも人のそばにすり寄りたがり、膝の上をねらう子もいますが、用心深く臆病で本当に安全だとわかるまで物陰に隠れて姿を見せない子が「普通」なのです。

仲良くなりたいな、と思う猫さんがいたら、この3つのポイントを押さえて猫に気に入ってもらえるか一度お試しください。

1.子供よりお年寄りの方が猫に好かれる

一般的に子供は、大きな音を立てたり動作が大きかったり、時には予測不能な動き方をすることがあります。
「大きな物音」「急な動作」、そして子供の甲高い声も猫には「苦手」のひとつです。

子供とお年寄りがいたら猫は迷わずお年寄りを選ぶでしょう。
「動作がゆっくり」「声のトーンが低い」は、猫に気に入られるポイントなので、猫と仲良くなるときは高齢になったつもりで立ち振る舞いをするとよいでしょう。

2.選択権は猫にある

興味はあるけれど…
興味はあるけれど、
近寄るのは怖い?

かわいい!さわりたい!と、大きな声を上げたりむやみに近づくのは禁物です。
人が近づくことを許すかどうかの選択権は猫にあるのです。

外で出会った猫と仲良くなりたい、と思った時は、まず動きを止めます。
猫が逃げなければ、小さな落ち着いた声で話しかけながらゆっくり進んでいきますが、猫の体に力が入るのがわかったら立ち止まって、その場に静かにしゃがみます。
しゃがんだ状態で、猫が逃げなかったら少しずつ猫に近寄って行きますが、ある一定の距離より近づくとたいていは走り去られます。
この近づける距離感は猫によって違います。

非常に臆病な猫、または急ぎの用事がある猫は、人の姿を見かけただけで逃げていってしまうものです。
その時暇で、そして好奇心の方が恐怖より勝った場合は、かなり近くまで寄って猫を観察することができるでしょう。しかし、外の知らない猫をむやみに触るのはお勧めしません。
※ひとつには猫の経験心という本能を鈍らせないため、そしてその意志がなくても何かの拍子で猫によってケガをさせられる可能性を避けるためです。

猫と仲良くなりたいから、といって食べるものでつる人がいますが、これは絶対にしないでください。食べ物を与えれば、ある程度まで近寄れるし食い意地が張っている猫だったら、すぐに仲良しの「ふり」をしてくれるでしょう。
でも、 もしかしたら飼い主のいる猫かもしれないし、飼い主のいない猫に餌を与えるという行為は、餌を与えた人が「猫の管理責任者」と判断される場合があります。
その猫に対して最終的な責任が取れないのであれば、一時的とはいえ「餌付け」はすべきではないとガイドは考えています。

家の中にいる猫の場合も同じく、猫から近寄ってきてくれることを待ちましょう。なるべく静かにして、低い声で驚かせないようにゆっくり声をかけながら、猫じゃらしなどの猫が喜んで遊びそうなおもちゃで誘ってみましょう。
もし猫のおもちゃがなければ、広告の紙をクシャクシャと丸めて小さなボールを作って転がしてもいいです。

猫は自分の目線の前で、チョコチョコ動くものにとても興味を持ちます。

もし近づいてきても、ガバッと押さえ込んだりしたら「振り出しに戻る」です。
猫が近くに寄ってきたら猫の鼻先に人差し指を出します。たいていの猫は、この指先に鼻を近づけフンフンしてきます。
次にそっと、猫のあごの下や耳の付け根(目の上)をなでます。
ここまで猫と近くなっても、まだ抱き上げてはいけません。

ポイント3は猫のサイン、そして一番猫に好かれる人は?!→