カーテンレールの上を歩くのは、許しましょうか
カーテンレールの上を歩くのは、許しましょうか
わたしたちと一緒に生活するために、猫にも最低限覚えて欲しいルールがあります。
同居人(飼い主)は餌をくれるし、トイレの掃除もしてくれる、かわいがってくれる、けれど「これ」をしたら同居人に叱られる、同居人が嫌がる、同居人が悲しむ、だからやってはいけないことがあると覚えてもらいましょう。

猫の知能は、2~3歳の子供と同じ程度といわれています。一度いけないといわれたことを二度と繰り返さない賢い猫もいますが、何度叱られても同じ事を繰り返す懲りない猫もたくさんいます。しつけは、それぞれの猫にあった方法で教えないと効果がありません。

リーダーが存在する群れで行動する犬とは違い、単独行動の猫にとって飼い主は優位ではないので、一方的な命令で従わせることはできません。ただ、猫は自分が不愉快に思ったことをなかなか忘れない動物です。猫にして欲しくないことを覚えてもらうときは、猫がそれをしたら嫌な思いをしたという条件付けで覚えさせる方法が適しているでしょう。

猫をしつける意味とは?

猫という動物を理解し、その習性を利用し、自分の飼っている猫を観察することで、しつけに近いことは十分できる思います。

猫が何かいたずらをしても、それを悪さをしたとは思わないでください。猫は何か悪いことをしようとしてやるのではありません。一緒に住む人間にとっては、テーブルの上に乗る・花瓶を壊す・流しの中に入り込む、などなど……がどんなに迷惑な行為であっても、猫にとっては意識していない普通の行動でしかありません。

猫のしつけは、悪いことをする猫を矯正するためにやるのではなく、同居する人間にとってやって欲しくないことを覚えてもらうためのものとご理解ください。