高齢の猫は一日中うつらうつら眠って過ごします
高齢の猫は一日中うつらうつら眠って過ごします
人間と同じく猫にも加齢による衰えが早く出てくる子もいれば、15歳を過ぎても衰えが少ない子もいます。歳の取り方はそれぞれによって違いますが、飼っている猫が7歳を超える頃からその猫の時間の進み具合を観察し、それに対してのケアを考えてあげてください。高齢猫にはどんなサインが現れ、どんなケアが必要でしょうか?

猫の老化の兆し

猫の幼少期とは生まれてから~生後8ヶ月くらいで、その後7歳くらいまでの成猫期は一番健康状態が安定している時期です。老けるのが早い猫は7~8歳から年をとったなと思えるようなしぐさや、毛・体型の変化が見られはじめ、一般的に11歳を過ぎると高齢期に入ります。15歳でも見た目もやることも若い頃と変わらない猫もいれば、10歳ですでによぼよぼの猫もいて、個体差による違いが大きいので、11歳を超えたからといってすべての猫が老猫とはいえませんが、11歳を過ぎると下記のような老化が見られ始めます。
  • セルフグルーミングの回数が減って、毛艶や毛量が減ってくる
  • 口や舌や色素の薄い内膜にシミが出てくる
  • 黒猫など色の濃い猫の顔まわりに白髪が目立ってくる
  • 瞬発力が衰え、あまり動かなくなってくる
  • 筋肉が衰え、痩せてきて、お腹が垂れてくる
  • 歯が弱ってくる
  • 爪の伸びが遅くなる
  • 体温管理機能が落ちてくるので寒さに弱くなる
  • 痩せてくる