猫にとって危険な植物は、700種類以上あると云われています。
猫が自分から危険な植物を口にすることは少ないでしょうが、遊び心で触ったり口に入れる可能性がありますので、できる限り猫がいる空間には植物をおかない方が無難でしょう。

植物の「科」によって危険性が高い

 ユリは猫にとって非常に危険な植物です!

植物は「科」-「属」と分類されますが、「科」には同じ成分が含まれた植物が多くあります。そして、その成分が猫にとっての「毒」となることが多いので、【猫にとっての危険な植物】は、「科」で分けて記載しました。

ここに記載した以外でも、危険な植物はたくさんありますが、危険とされている「科」の植物には特に注意を払ってください。

キンポウゲ科

キンポウゲ科の植物は、プロトアネモニン含んでいるので、ほとんどが有害植物と考えて差し支えありません。

ツツジ科

ツツジ科の植物の葉には、アンドロメドトキシンを含むものが多いので、危険性が高いものが多いです。

トウダイグサ科

トウダイグサ科の植物はほとんどが有毒です。

ナス科

ナス科の植物は嘔吐、腹痛、血便、、下痢、めまい、口内の乾燥、呼吸困難などを引き起こすものがあるので注意してください。 ケイレンや麻痺などの神経症状、心筋梗塞などに進行し、死亡することもあります。

バラ科

アンズ、モモ、サクラ、スモモ、ビワなどの未熟果には青酸(シアン)が含まれていますので、注意してください。

ユリ科

ユリ科の植物は、特に猫にとって危険度が高く、例えばテッポウユリの入っている花瓶の水を飲んだだけでも中毒を起こすことがあります。嘔吐、抑鬱、下痢、脱水などを起こし、急性腎不全に進行し、死亡することがあります。

猫にとって危険な植物一覧表

※ピンクの欄の植物は命に関わる危険度が高い植物です。

ア行の科

■アジサイ科
アジサイ 大量摂取:ケイレン 昏睡 呼吸麻痺 死亡 少量:嘔吐 沈鬱 元気消失
■アヤメ科
アヤメ 根茎 嘔気、嘔吐、下痢、腹痛、胃腸炎
アイリス 根茎 嘔吐、腹痛、下痢
サフラン 根茎 嘔吐、腹痛、下痢
■イチイ科
イチイ 種子(ただし果肉は無毒)、葉、樹体 筋力低下、虚脱、悪心、嘔吐、腹痛、散大、多量摂取すると呼吸困難、振戦、不整脈、拡張期の心臓ブロック、突然死
■イチヤクソウ科
イチヤクソウ 全草 血管拡張による血圧低下
■イチョウ科
イチョウ 種子(ぎんなん) 皮膚炎、多食で呼吸困難
■イラクサ科
イラクサ 葉およ茎の刺毛 皮膚接触で痛み・かぶれ・炎症、経口摂取で口腔の灼熱感、流涎、嘔吐、筋力低下、振戦、呼吸困難、徐脈
■ウコギ科
セイヨウキヅタ(アイビー) 葉、果実 嘔吐、下痢、腹痛、口渇、硫涎、皮膚への刺激
■ウルシ科
ウルシ 乳液 皮膚のかぶれ、炎症
ツタウルシ 特に樹液 重度の皮膚のかぶれ
ハゼノキ 全体 皮膚のかぶれ
■エゴノキ科
エゴノキ 果皮 苦味、口腔と喉の刺激、胃のただれ、溶血作用
■オシロイバナ科
オシロイバナ 根、茎、種子 皮膚や粘膜への刺激作用。種子には幻覚作用。嘔吐、下痢、腹痛


カ行の科

■キキョウ科
キキョウ 嘔吐、下痢、胃腸炎、溶血
セイヨウキョウチクトウ 全草 嘔吐、腹痛、頭痛、血圧低下、呼吸困難、ケイレン、意識不明、心臓麻痺
ロベリア 全草 嘔吐、腹痛、頭痛、血圧低下、呼吸困難、ケイレン、意識不明、心臓麻痺
■キク科
キクの仲間(クリサンセマムなど) 全草 皮膚接触では皮膚炎、経口接触では嘔吐
ダンゴギク 全草 皮膚接触では皮膚炎、経口接触では嘔吐
デージー 全草 皮膚接触では皮膚炎、経口接触では嘔吐
マーガレット 葉の汁 皮膚接触では皮膚炎、経口接触では嘔吐
フジバカマ 全草 クマリン中毒(血液凝固不全、出血)
■キョウチクトウ科
キョウチクトウ 樹皮、根、枝、葉 皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では口腔の疼痛、嘔吐、下痢、腹痛、徐脈、不整脈、時に高カリウム血症、心臓麻痺
ニチニチソウ 全草 全身麻痺
■キンポウゲ科
ウマノアシガタ 全草、樹液 皮膚への刺激、口腔の灼熱感、流涎、下痢、胃腸炎、幻覚、中枢神経麻痺、多量摂取で心停止
オダマキ 全草、特に種子 皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では口腔内潰瘍、胃腸炎、多食で心臓麻痺
キツネノボタン 全草 皮膚接触では皮膚の炎症・水ぶくれ、経口摂取では口腔や咽の灼熱感、胃腸炎、血便
キンポウゲ 全草 嘔吐、下痢、血便、皮膚炎、幻覚、多食で心臓麻痺
クリスマスローズ 全草、特に根 口腔の灼熱感、腹痛、胃炎、嘔吐、下痢、不整脈、血圧低下、心臓麻痺、死亡
トリカブト 全草、特に根 流涎、初期では口腔、咽頭の灼熱感、ふらつき、心悸亢進。中期では嘔吐、流涎、エン下困難、脱力感、規律不能。末期では血圧低下、呼吸麻痺、ケイレン
ヒエンソウ 全草 流涎、振戦、運動失調、ケイレン、呼吸困難、心臓麻痺
フクジュソウ 全草、特に根 嘔気、嘔吐、血圧上昇、呼吸困難、心臓麻痺、死亡
アネモネ 乳液 皮膚接触では皮膚の水ぶくれ、経口摂取では口腔及び胃腸の炎症
クレマチス(テッセン) 全草 胃腸炎
デルフィニューム 茎、葉 ケイレン、心臓麻痺、呼吸困難
ハンショウヅル 全草 流涎、運動失調、振戦、ケイレン、呼吸困難、心臓麻痺
■クスノキ科
アボガド 未成熟の果実、種子の中身 元気消失、チアノーゼ、死亡
■クマツヅラ科
ランタナ 未熟種子、葉 嘔吐、下痢、腹痛、虚脱、嗜眠、瞳孔散大、胆汁ウッ滞、ビリルビン血症、光過敏症
■クワ科
アサ 穂、葉を含めた全株 ゲリ錯乱、興奮、幻覚、抑鬱、瞳孔散大、神経障害、痛覚および知覚の麻痺、呼吸数減少、体温低下
イチジク 葉、枝 皮膚のシミ、粘膜のビ爛
■ケシ科
クサノオウ 全草、特に乳液 皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では胃腸炎、脱力感、嗜眠、知覚末梢神経麻痺
ケシ 未熟果乳液、種子 中枢神経の麻痺、幻覚、興奮あるいは抑鬱、便秘、肝障害、催奇形性
ケンマソウ 根茎、葉 嘔吐、下痢、体温や脈拍低下、ケイレン、呼吸困難、心臓麻痺
タケニグサ 全草 嘔吐、幻覚、縮瞳、血圧低下、呼吸麻痺、死亡
■コバノイシカグマ科
ワラビ 地上部、根茎 貧血、慢性衰弱、運動失調、心拍不整、死亡、発ガン性
■ゴマノハグサ科
キツネノテブクロ(ジギダリス) 葉、根、花 嘔気、嘔吐、口渇、下痢、腹痛、頭痛、耳鳴り、目眩、ケイレン、不整脈、徐脈、高カリウム血症、重傷例では心停止

*記事のUPはガイドメルマガにてお知らせします。登録はこちら

■参考文献
「もっともくわしいネコの病気」 矢沢サイエンスオフィス編
「動物が出会う中毒 ~意外にたくさんある有毒植物~」(財)鳥取県動物臨床学研究所
■参考リンク
ペットに有害と言われる植物で実際に猫を亡くした方



<ガイドのその他の記事>
8月のネコお役立ち情報 サマーカットしてみます…か?
ネコの性と不妊手術 ネコの繁殖メカニズム
ネコの十戒