キャットフードの正しい与え方は?

猫は食べ物の好みがうるさい美食家で、体調や気分によって食が進まない時があります。だからといって次々に新しい味を覚えさせると猫はどんどんワガママになり、同居人は猫の食事に悩まされるようになるでしょう。

室内で飼われている猫は、自分の身体が要求しても自分で必要なものを摂取することができません。飼い主がしっかりとした知識を持つことが大切です。猫に必要な基本的な栄養素とライフステージに合わせた食事の選び方、与え方、フードの変更方法、もし食べなくなったらどうする?などについてのアドバイスをご紹介します。

キャットフードの正しい与え方

赤ちゃん猫には赤ちゃん用のフードを与えてください


猫のムラ食いに惑わされない

猫はもともとムラ食いな動物なので、食べなくなったからといって別の食事を~とコロコロ変えるのはおすすめしません。30分程度食事を置いても口を付ける様子がなく、猫の様子を観察して体調に問題がなさそうだったら食器を下げても大丈夫です。これを食べなかったらもっと美味しいものが出てくると思わせないように。猫の態度が普段と変わらないのであれば、1日程度は様子をみましょう。2~3日以上経っても全く食欲を見せない場合は、早急に獣医師に相談してください。

ただし、肥満体型の猫が3日間いっさい食べ物を摂らないと脂肪肝になる可能性がありますので、食べる気が起きるように缶詰などをトッピングしてみるとか、プラスアルファで猫の気をそそってください。

もしかしたら、食べなくなった原因が猫の身体が要求する栄養素を満たしていない可能性があります。与えているフードが本当に猫にとって良質なフードかどうか確認してください。

猫はにおいで食べる

猫は食べられるものか、おいしいかどうかをニオイで判断します。ニオイが飛ばないように、缶詰は1回分の食べ切りサイズ、ドライフードも開封して2週間以内に食べきれるサイズを購入し、密封容器に入れるなど湿気ないように注意してください。

同じキャットフードだけ与え続けてもよい

ひとつのフードだけを食べさせ続けるのがよいか、各メーカーのフードを一定期間ごとに変更した方がよいかについては、様々な意見があるでしょう。

我が家の猫は最年長15歳の猫も他の子も、同じメーカーのフードをずっと食べ続けています。年齢によってフードのタイプを変えていますが、同じものを食べ続けても飽きることも、それによって体調が悪くなることもありません。猫によっては、すぐに味に飽きてしまい別のものを要求する子もいれば、同じものでも全く文句をいわなかったりします。どちらがよいとか悪いとか、簡単に判断できるものではないと思います。嗜好に変化がある方が食欲が出るのであれば、ローテーションでフードを変えても良いでしょう。

気に入って食べているフードが発売中止になったり、リニュアルして味やフレーバーが変わってしまい入手できなくなることもあります。病気にかかり療法食しか与えられなくなるかも知れません。様々な理由でフードを切り替えることがあると思いますが、同じメーカーのフードでも種類を変える時はいきなり全部を変えないで、今まで食べていたものに新しいフードを少しずつ混ぜ、1週間程度便の様子を観察しながら移行してください。

しかし、違うメーカーのキャットフードを混ぜるのはおすすめできません。それぞれのメーカーが独自のノウハウで猫の栄養素を研究し、それを必要量食べることで摂取できるよう設計しています。その割合は各社様々なので、フードを混ぜてしまうと本来必要量の栄養素を偏らせてしまう可能性が出てきます。フードは混ぜて与えず、1社だけのものにしてください。