猫は元々太りやすい動物

極度の肥満は短命にもつながるので要注意です
極度の肥満は短命にもつながるので要注意です
イエネコの祖先は砂漠地帯出身者なので、猫の身体は体力を消耗しにくい省エネ設計。機敏で活発、運動能力が高い猫ですが、子猫時代はよく動いても年とともにのんびり惰眠を楽しむ、動かなくて済むのだったらあんまり動きたくない、という怠惰な生活習慣を好む猫が増えます。

特に秋口になると猫の身体は本能的に冬の寒さに備えて脂肪を蓄積し始め、家の中だけで飼われいてる猫は、厳しい自然の中で体力を使うことがないので、身体に付いた脂肪は落ちることなく太る原因となります。やるべき仕事(ねずみ取りなど)もなく、不妊・去勢手術が済んで性本能で体力を消耗することもなく家の中でのんびりと暮らしているところに、猫が欲しがるからといって1日に何度も食事やおやつを与えていたら、猫はあっという間に太り出します。

このように、猫は元々太りやすい動物なので、猫に健康で長生きしてもらいたかったら猫の同居人=飼い主は、それぞれの猫にみあった適正カロリーの食事と、適度な運動で猫が太りすぎないように管理しなければなりません。

それぞれの猫の骨格・体型によって肥満度の許容範囲が違ってきますが、どのような状態だと肥満で、ダイエットが必要でしょうか。また、猫の効果的なダイエット方法は? ここでは、猫の肥満とそれによって引き起こされる病気、効果的なダイエット方法をご紹介します


猫が肥満かどうかの判断基準

猫の適正体重とは、成熟してから1歳前後の不妊・去勢手術前の体重のことです。しかし、成長に2~5年ほどかかる猫種もありますので、全てには当てはまりません。猫の適正体重は、それぞれの個体の体型・骨量によってかなりの違いがありますが、適正体重を15%以上超えると身体に悪影響が出始めるので肥満と判断されます。
どこからが「肥満」になるの?

どこからが「肥満」になるの?


四つ足で立っている猫を真上から見たとき、猫の肩よりお腹の方が出っ張っていて身体がヒョウタンのように見えたり、背骨を触った時に背骨の上に脂肪を感じたり、あばら骨が脂肪の下でどこにあるかわからないようでしたら、すぐにダイエットが必要な肥満体型です。

成熟したオス猫には、ジョウルと呼ばれる頬から顎にかけての筋肉が発達し、顔が丸々として見える子がいます。太ももの内側の皮膚がタルタルとしてよく伸びる子もいますが、これは肥満ではありません。首や太もものたるみは、ケンカ時などで噛まれても致命傷にならない=大きな血管を守るために自然に備わった防護服のような役割をします。太ももの内側、お腹の皮膚がタルタルしていたり、伸びやすいのは正常ですから、引っ張った時に感じられるのが皮膚(+少しのお肉)であれば肥満ではありません。

しかし、見た目・触っただけではわからない隠れ肥満(内臓脂肪が付いている)の猫もいます。肥満が身体的に影響を及ぼし問題になるのは、成長期以降の中年にかけてなので、3~5歳頃に一度動物病院でレントゲンやエコー検査で診察してもらうとよいでしょう。