猫は元々太りやすい動物

極度の肥満は短命にもつながるので要注意です
極度の肥満は短命にもつながるので要注意です
イエネコの祖先は砂漠地帯出身者なので、猫の身体は体力を消耗しにくい省エネ設計。機敏で活発、運動能力が高い猫ですが、子猫時代はよく動いても年とともにのんびり惰眠を楽しむ、動かなくて済むのだったらあんまり動きたくない、という怠惰な生活習慣を好む猫が増えます。

特に秋口になると猫の身体は本能的に冬の寒さに備えて脂肪を蓄積し始め、家の中だけで飼われいてる猫は、厳しい自然の中で体力を使うことがないので、身体に付いた脂肪は落ちることなく太る原因となります。やるべき仕事(ねずみ取りなど)もなく、不妊・去勢手術が済んで性本能で体力を消耗することもなく家の中でのんびりと暮らしているところに、猫が欲しがるからといって1日に何度も食事やおやつを与えていたら、猫はあっという間に太り出します。

このように、猫は元々太りやすい動物なので、猫に健康で長生きしてもらいたかったら猫の飼い主は、それぞれの猫にみあった適正カロリーの食事と、適度な運動で猫が太りすぎないように管理しなければなりません。

それぞれの猫の骨格・体型によって肥満度の許容範囲が違ってきますが、どのような状態だと肥満で、ダイエットが必要でしょうか。また、猫の効果的なダイエット方法は? ここでは、猫の肥満とそれによって引き起こされる病気、効果的なダイエット方法をご紹介します。

<INDEX>

猫が肥満かどうかの判断基準

猫の適正体重とは、成熟してから1歳前後の不妊・去勢手術前の体重のことです。しかし、成長に2~5年ほどかかる猫種もありますので、全てには当てはまりません。猫の適正体重は、それぞれの個体の体型・骨量によってかなりの違いがありますが、適正体重を15%以上超えると身体に悪影響が出始めるので肥満と判断されます。
どこからが「肥満」になるの?

どこからが「肥満」になるの?


四つ足で立っている猫を真上から見たとき、猫の肩よりお腹の方が出っ張っていて身体がヒョウタンのように見えたり、背骨を触った時に背骨の上に脂肪を感じたり、あばら骨が脂肪の下でどこにあるかわからないようでしたら、すぐにダイエットが必要な肥満体型です。

成熟したオス猫には、ジョウルと呼ばれる頬から顎にかけての筋肉が発達し、顔が丸々として見える子がいます。太ももの内側の皮膚がタルタルとしてよく伸びる子もいますが、これは肥満ではありません。首や太もものたるみは、ケンカなどで噛まれても致命傷にならない=大きな血管を守るために自然に備わった防護服のような役割をします。太ももの内側、お腹の皮膚がタルタルしていたり、伸びやすいのは正常ですから、引っ張った時に感じられるのが皮膚(+少しのお肉)であれば肥満ではありません。

しかし、見た目・触っただけではわからない隠れ肥満(内臓脂肪が付いている)の猫もいます。肥満が身体的に影響を及ぼし問題になるのは、成長期以降の中年にかけてなので、3~5歳頃に一度動物病院でレントゲンやエコー検査で診察してもらうとよいでしょう。

肥満の原因

肥満の一番の原因は、必要カロリー以上に食べてしまうことや運動不足です。しかし、それ以外にも遺伝的に太りやすい体質だったり、ストレスによる過食など様々な原因があります。また不妊・去勢手術が済んだ猫は、代謝が落ちたり、ホルモンバランスが狂って太りやすくなります。性本能に突き動かされている時の猫は、食事量が減りたくさんのエネルギーを消費しています。手術が済むとひとつの性「欲」から開放され、その分、別の「欲」=食欲が生活の中心となり、どうしても食べ過ぎになりやすく、肥満につながるわけです。

また猫の場合は数が少ないですが、甲状腺機能低下症やクッシング症候群、高脂血症などの病気が原因で肥満になることもあります。

肥満によるリスク

  • 心臓や血管への負担(循環器系の病気:心肥大、心不全、高血圧)が増えます。肥満とは、脂肪組織が過剰に付着している状態です。脂肪細胞は生きた細胞で、酸素と栄養の供給が必要。これらは血管を通じて運ばれますので、肥満猫は痩せた猫よりも毛細血管が発達し、痩せた猫よりも血管が長くなります。そうなると、循環する血液の量を増やさなければならなくなって、身体全体の水分量も増え、その結果拍出時に力や心拍数が増加し、血圧が上がり心臓に負担がかかります
  • 皮下脂肪が増えると、皮膚への栄養血管にも負担がかかることで皮膚病になりやすくなったり、キズが治りにくくなります
  • 体重が増えることで関節への負担(関節炎、椎間板ヘルニア、靱帯断裂)がかかり、ますます猫は動くことを億劫がって肥満に拍車がかかります
  • 肥満になるとインシュリンというホルモンへの反応性が低下して糖尿病傾向が高まります
  • その他、便秘になりやすくなったり、腫瘍ができやすくなったりするといわれています

ダイエットの方法

猫のダイエット方法

猫の健康のために、無理のないダイエットをさせましょう


太りすぎだと診断された猫のダイエットは慎重に計画する必要があります。

まずは、獣医師に血液検査など診察してもらい、他に潜在的な病気がないことを確認しましょう。また、その猫の理想体重から必要摂取カロリーを割り出してもらいます。急激なダイエットは非常に危険ですので、理想体重になるまでは獣医師の管理を受けながら、かなり長期戦になることを覚悟してください。

1.食事によるダイエット
食事量を減らすのではなく低脂肪・高繊維質で、なおかつ他の栄養素のバランスの良い食事を選択します。プレミアムフードを発売している各フード会社から、減量用の療法食が発売されています。これらのフードは一般的なフードに比べると割高ですが、獣医師の管理のもとダイエットを安全に効果的に行うためには非常に効果的です。

成長期に必要なカロリーは体重1kg当たり約80kcalですが、成長期を過ぎた猫は成長期のカロリーの2割減程度でOK。

フードは、その猫の年齢にあわせた低脂肪・高繊維質の銘柄にし、決めた分量を1日数回に分けて与えます。一度に食べる量を制限し、分けて食べさせることでエネルギーの消費が大きくなりダイエットがしやすい身体になるからです。

ダイエットは1週間で体重の1~1.5%程度減らしていくのが理想とされています。今現在の猫に必要とされる摂取カロリーから約20~30%ほど減らして、1週間に約1%の体重減がみられるようになるまで、さらにもう10%減らしてみましょう。

猫の1日の摂取量が決まったら、それを2~3回に分けて与えましょう。猫には決められたフード以外のおやつを与えてはいけません。もし食べ残したら30分程度で片付けて、だらだら食いをさせないようにしましょう。水はいつでも好きなだけ飲めるように用意してあげてください。

このほか、定期的に猫の体重チェックを行います。体重の変化を記録することで、どの方法が一番効果的なダイエットにつながるか分析することができます。
  • 食事を切り替える際の注意
    いきなりすべての食事を変えないで、最初は今までの食事に1割程度新しいフードを混ぜ、2日ほど便の調子などをみて、えり好みせず食べるようであれば3日目以降に新しいフードを30%まで増やします。その後も2日間程度様子を見て、問題がみられなければ60%まで増やすというように、最低でも1週間程度かけて、様子を見ながら切り替えてください。
     
  • 食事の与え方に一工夫を
    肥満になりやすい猫はもともと食いしん坊さんが多いので、出された食事を一気に食べることで、よけいに太ってしまいます。食事は少しずつよく噛んで食べる、これは人間のダイエットの基本ですが猫も同じです。

    猫が一気食いできないような工夫をして食事を与えましょう。例えば、猫の前足だけが入る入り口の狭い入れ物にフードを入れるとか、350mlのペットボトルにフードが出る程度の小さな穴を数カ所あけ、その中にフードを入れて猫に与えます。前足でかき出さないと食べられない、ペットボトルを転がして少しずつこぼれ出る分しか食べられないといったように。このような工夫は猫の狩りの本能を刺激しますので、喜んで食べてくれるでしょう。また、ドライフードを一粒ずつ投げて猫に探させて食べさせてもよいでしょう。

2.運動によるダイエット
関節に負担がみられない猫、高齢でない猫、循環器系に異常がない猫であれば、今まで以上に猫が身体を動かしたくなる遊びに誘ってあげてください。

上下運動が一番効果的なので、キャットツリーの一番上で猫じゃらしを振って誘惑し、下に誘ってとか、家の中に階段があれば小さなゴムボールなどを上から投げると猫は喜んで下まで駆け下りるでしょう。ただし、猫は長時間動き回るのが得意ではありません。運動会は1回15分程度にし、1日2~3回全身運動をさせると効果が上がるでしょう。

危険なダイエット

非常に太った猫を急激にダイエットさせようと食事の量を極端に減らしたり、与えなかったりすると、猫の身体は血糖値を維持するために血液中のインシュリン値が下がってきます。インシュリン値が下がると、皮下や内臓の周囲の脂肪分解が促進され、肝臓内の中性脂肪の量が蓄積され肝臓機能が損なわれてしまいます。カロリー要求量に対して、タンパク質の摂取量が少なかったり、アミノ酸のアルギニンが欠乏したりすることもあります。

肝臓の細胞の中に脂肪が蓄積した状態を脂肪肝といい、ひどくなると脂肪肝症候群(特発性肝リピドーシス)となり、激しい肝機能不全を起こします。これは猫の命に関わる病気です。太った猫が3日間食べないでいると、脂肪肝になるといわれていますので、急激なダイエットは絶対に避けてください。

どんなに太っているように見えても、成長期の猫に食事制限はいけません。成長期にもかかわらず肥満かな?と思われるのであれば、食事量や食事内容ではなく、運動でダイエットを試みてください。

健康を維持するために行うのがダイエットですが、ダイエットを行って健康を害しては元も子もありません。猫のダイエットを行う前には、必ず獣医師にご相談ください。

丸々とした太めの猫を見ている分には可愛いですが、健康で長生きして欲しいのであれば、適正体重を維持できるように同居人がきちんと管理してください。同居人は猫のおねだりに負けないように!

【関連記事】
キャットフードの与え方
キャットフードの種類と選び方

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。