猫は元々太りやすい動物

極度の肥満は短命にもつながるので要注意です
極度の肥満は短命にもつながるので要注意です
イエネコの祖先は砂漠地帯出身者なので、猫の身体は体力を消耗しにくい省エネ設計。機敏で活発、運動能力が高い猫ですが、子猫時代はよく動いても年とともにのんびり惰眠を楽しむ、動かなくて済むのだったらあんまり動きたくない、という怠惰な生活習慣を好む猫が増えます。

特に秋口になると猫の身体は本能的に冬の寒さに備えて脂肪を蓄積し始め、家の中だけで飼われいてる猫は、厳しい自然の中で体力を使うことがないので、身体に付いた脂肪は落ちることなく太る原因となります。やるべき仕事(ねずみ取りなど)もなく、不妊・去勢手術が済んで性本能で体力を消耗することもなく家の中でのんびりと暮らしているところに、猫が欲しがるからといって1日に何度も食事やおやつを与えていたら、猫はあっという間に太り出します。

このように、猫は元々太りやすい動物なので、猫に健康で長生きしてもらいたかったら猫の同居人=飼い主は、それぞれの猫にみあった適正カロリーの食事と、適度な運動で猫が太りすぎないように管理しなければなりません。

それぞれの猫の骨格・体型によって肥満度の許容範囲が違ってきますが、どのような状態だと肥満で、ダイエットが必要でしょうか。また、猫の効果的なダイエット方法は? ここでは、猫の肥満とそれによって引き起こされる病気、効果的なダイエット方法をご紹介します。