もう始めないとまずいよ、就職活動!

名刺
名刺は就職活動必須アイテム。いつどこで必要になるか分からないので、持ち歩こう!
ついに開幕!就職活動。私が勤めている大学でも、就職ガイダンスはすでに終了。これからどんどん企業説明会が学内で毎週開催される。学外ではすでにスタートしている。

「ふーん、じゃあそろそろ・・・(よっこいしょ)」

ばかもん。そんな重い腰では内定は取れない。以下のグラフを見てほしい。内定が取れた学生のもう30%は、もう10月中に会社説明会に参加しているのだ。逆に内定無しの学生は半分の15%しか、就職活動を始めていない。オレンジの線で囲ったところに注目すればよくわかる。内定が取れた学生の半数は12月後半まで会社説明会に参加し、内定無しの学生の半数は1月後半。つまり、内定の有無の差は、就職活動本格スタートが、1ヶ月早いか、遅いかなのである。(出典:ディスコ「就職活動に関する調査」を加工)

会社説明会参加時期


「うっ、そりゃまずい。早く参加しなくちゃ!」

その意気である。記事「就職課(キャリアセンター)を活用する!」でも書いたが、まずは就職課に明日必ず行こう。きっと会社説明会(学内・学外)の資料がたくさんあるはずだ。まずは学内優先で参加しよう。時間と費用がかからないから。無かったらやむを得ず学外で探そう。もちろん授業優先でね。

---------------------

そして、今回の記事の本題に入る。
会社説明会に、そして会社説明会だけに関わらず、就職活動必須のアイテムである「名刺」について、今回はクローズアップしたい。

ネットで就職活動する今だからこそ、この名刺が威力を発揮するのだ。じっくり考察しよう。

※次のページで、名刺の威力を知ろう!

<INDEX>
  1. もう始めないとまずいよ、就職活動!
  2. 名刺の威力
    【威力1】相手の名刺をもらいやすくなる
    【威力2】相手から連絡をもらいやすくなる
    【威力3】連絡する許可を得た証拠になる
    【威力4】会ったその夜に、お礼を伝えることができる
  3. 名刺の作り方のコツ!
  4. 名刺には何を載せればいいのか?
  5. なかなかアポが取れない時は?
  6. 自分の足で得た情報こそ、就職活動の成否を決める!