仕事も勉強も家庭もうまくいくコツ

かけもちする以上「全て完璧!」というのは無理に等しい。しかし完璧とまでは行かなくてもまあまあうまくいくコツがある。それは…、

仕事でも勉強でも家庭でも、重要なものを最優先すること。

特にタイミングが重要で「その時を逃すともうチャンスはない」ものはきっちり抑えるようにしたい。簡単なようで忙しい社会人学生には意外に難しい。私はタイミングを逃して後悔することが何度もあったので、皆さんはそうならないように。

【例】
仕事:重要なプロジェクト、大切な会議、昇進試験、研修
勉強:試験、レポート提出期日、憧れの教授の特別講義
家庭:家族の病気、家族の記念日、子どもの運動会等、家族が自分を必要としている時
その他:冠婚葬祭


仲間を見つけよう!

自分と同じような環境の仲間を見つけると心強い。私は社会人学生サークルに属し、メーリングリストやミーティングなどを通じて情報交換を積極的にした。落ち込んだりくじけそうになった時は仲間に相談出来て心強かったし、また家庭に悩みを持ち込まずに済んだという経験もある。仲間がいたおかげでなんとか2年半の社会人学生生活をやり通せた。

年齢や仕事、環境、住んでいる場所も様々な人たちと「勉強」という共通項をきっかけに勉強会や飲み会、サークル旅行などを楽しめたのも良い思い出。

サークル活動や勉強会など、自分から積極的に参加していこう。


スケジュールをたてて、メリハリをつける

image
意外に楽しいスケジュール作成
社会人学生2年目になると、私は毎週日曜日に仕事・趣味・勉強の1週間分のスケジュールをたてて計画的に過ごす生活にシフトしていった。そうすることで、試験直前に「あ~、どうしよう、何もやっていない」という焦りを多少は軽減できるし、趣味などでリラックスする時間も取れる。

一つのことだけに何ヶ月も集中するのは難しい。それよりも時間を「勉強」「仕事」「楽しいこと」にうまく配分してメリハリをつけると割と飽きずに長く続けられると発見した。


読者の皆様も「こんな工夫をしている」「こうするとうまくいく!」など良い方法があったらぜひ教えて下さい。


【関連記事】
・両立の秘訣~これだけは心に留めておこう
・ちょっとの工夫で円満人間関係
・実態調査で明らかに!社会人学生の睡眠時間
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。