名機KORG M1がニンテンドーDS上に蘇る!

KORG M10
12月に発売されるDS用のシンセサイザ、KORG M01
KORGのM1というシンセをご存知ですか?これは1988年に発売されたワークステーションの草分け的な存在。まだ出始めたばかりの高級デジタルシンセサイザの代表的な存在です。個人的にも当時、バンドで使ったこともある機材で、思い入れもあるのですが、定価248,000円と高価な機材で自分には買うことはできませんでした。

そのM1がなんと、ニンテンドーDSで蘇るというのです。12月末にAmazon限定で発売される「KORG M01」というソフトは、あの「KORG DS-10」を作ったチームが新たに開発した製品。すでにAmazonでの予約受付も開始されています。


KORG M10
KORG M01はピアノロールによるシーケンス機能も充実
8トラック/16ステップ・シーケンサー(1シーケンス最大64ステップ、最大同時発音数12音)という仕様で、M1の全音色を含む334音色が搭載されているというものです。DS-10のように音色をエディットすることはほとんどできないのですが、シーケンサ機能が充実しており、より楽曲を制作することに主眼が置かれています。

実際にβ版で音を聴かせてもらいましたが、まさにM1そのものといった音色でビックリ。音を聴いただけで、80年代のさまざまな曲が思い出されますから……。

発売までには、まだしばらくありますが、ぜひ楽しみにその登場を待ちたいところです。


【関連記事】
DAL:DS-10開発陣が放つニンテンドーDS用シンセ「KORG M01」~あえて“ユーザー・アンフレンドリー”にしたこだわりとは? ~
新発表KORG M01は、あのDS-10を超えるか!?