宝塚というと皆さんは何をイメージされますか? やはり「タカラヅカ」ですか? 宝塚温泉、炭酸せんべい? 教育熱心な方なら「関西学院初等部」、それに「手塚治虫記念館」なんてのもあります。さらに「宝塚ファミリーランド」という方も多いはずなんですが、こちらは2003年の4月に閉園。子供の頃の思い出がある方も多いはず……。

とノスタルジーにふけっていても仕方ありませんので、早速本文へとまいりましょう。

JRと阪急が両方使えて便利

JR宝塚駅
シンプルな駅舎のJR「宝塚」駅改札を出ると目の前がバスターミナル。北にはすぐ商店街も
阪急宝塚線の始発駅、JRでいえば福知山線の快速停車駅でもある「宝塚」駅。沿線における駅のポテンシャルはどちらも高く、大阪へ通勤するには一本で行けて便利。ちなみにAM8:30頃に「大阪(梅田)」駅に着くには、JRで26~27分。阪急では、宝塚線で40分程度。「西宮北口」回りの方が若干はやくて表示で36分。10分の差は大きいかな?まあ、降りてからの具合もあるのでどちらを使うかはそれぞれですよね。ちなみに終電は阪急線が「西宮北口」駅回りで24:00。JR線は24:27です。


阪急宝塚駅
駅ビルが充実の阪急「宝塚」駅。百貨店隣接はやはり阪急の強み
また、JR線で「大阪」駅に出る場合、電車によっては学研都市線にいくため「尼崎」駅で乗り換えが必要な場合があります。反対に京橋方面へ向かわれる方は、学研都市線乗り入れの電車が乗り換え不要なので、梅田乗り換えの阪急よりもJR線の方が便利です。

ここまでだとJR線がやや有利にみえますが、阪急線の便利さは何といっても始発駅だというところ。座って通勤・通学できれば読書、仕事、睡眠に時間が使えて便利。でも、全員が座れるわけではないのであしからず。と、足回りはこのくらいにして続いては周辺環境を。

観光スポット大充実!生活施設もOK!

商店街
JR側には雰囲気のある昔ながらの商店街。その他個店もちらほら。
阪急線の駅舎の南側を流れるのは武庫川。阪急線「宝塚」~「宝塚南口」間の線路はこの川を渡りますが、ここの河川敷は散歩やランニングにもってこい。遊具や植栽の充実した公園もいいですが、このような素朴な景色も落ち着きます。河川敷から山を見るなんて、ホント自然的でいいです。

逆に、「人工的なのがいい」という方は、宝塚駅周辺のホテルなんぞはいかがでしょう。宝塚ホテル、ワシントンホテル、ホテル若水など、ホテルは宿泊だけでなく、待ち合わせや食事にも利用できるので、近くにあると何かと便利です。温泉も入れますよ。また、宝塚ガーデンフィールズ、宝塚大劇場……。国際観光都市と宣言するだけあって、休日のレジャースポットには事欠かない環境です。ホテルや歌劇なんて敷居が高いとおっしゃる方には娯楽の王道、阪神競馬場も4駅先にございます!

ソリオ
こちらはSORIO。買物もお役所もこちらでどうぞ
一方、日々の生活施設はというと、阪急「宝塚」駅前の商業ビル「SORIO」のなかには「宝塚阪急」があります。小規模ではありますが、服飾・雑貨・食料品にスイーツと一通りは網羅している百貨店が歩いていける距離にあるのはすこぶる便利です。

また、阪急以外にも飲食店・服飾雑貨店などが多数。お店の外側にタカラジェンヌのサイン入りポスターが定期的に張り替えられている店舗も多いですよ。さすがタカラヅカです。JR線側の山手には山手商店街。それほど店数は多くないですが、ぽつぽつと個店もございます。

また、宝塚の市役所は駅から遠いので、車、バス、自転車などで行かれる方が多いと思いますが、SORIOの3階に行政サービスステーションというのがあり、住民票・印鑑証明などはこちらで取得ができるので便利。土日も開いています。

次ページでは、住宅事情について見てみましょう。