大阪勤めの単身者の住みたい場所として、よく名前に挙がるのがJR「大阪」駅の隣駅、JR「福島」界隈。JR線の駅以外にも阪神線の駅あり、阪神高速道路の出入り口ありといった交通利便性はもとより、梅田まで、がんばったら歩いて行けるという絶対距離の近さも大きな魅力。

最近ではそのような利便性の高い都会住まいが評価されていることもあり、ここ福島周辺も「アーバンライフ」を標榜するタワーマンションが林立しています。しかし、便利で住みやすいのは今に始まった話ではありません。街の歴史は古く、旧市街地が多く残る福島界隈。2回にわけてご紹介する1回目は、JR大阪環状線「福島」駅を中心とした周辺環境を見てまいります。

コジャレたお店のある風景~JR神戸線以北エリア

北エリアの街並
いろんなお店
(上)JR神戸線以北エリアは、中低層の小規模ビルが大半を占める(下)多種多様な店舗が並ぶ。飲食店の数が多いのも特徴
JR神戸線の線路から北側エリアには、ちょっとイケてる飲食店やショップが多く並んでいます。一部マンションもありますが、多くは中低層の小規模な商業ビル&オフィスビルとなるエリアです。このエリアでシンボリックな存在は「おはよう朝日です」の中継でおなじみの「朝日放送」の社屋と巨大な巨大な家具屋さん">「iDC大塚家具」。なのですが、朝日放送社屋はJR「福島」駅をはさんで南側の「ほたるまち」に2008年5月・6月をかけて引っ越しで、現在の社屋は取り壊される予定だそうです。

ところで、この2つの建物に挟まれている鉄塔の存在をご存知ですか?こちらは「大阪タワー」「東京タワー」はもちろん「京都タワー」に比べても地味な、というか無名な存在ですね。しかし、こちらは現在営業しておらず、かつ、取り壊し予定……。爺ちゃん婆ちゃんになったとき「ここにはな、大阪タワーちゅーのが(以下、略)」と話ができるように、今のうちに見ておきましょう。

生活・交通・通勤、各々の利便性が非常に高く、生活感のうすいこのエリアは、JR「福島」最寄エリアの中でも、最も垢ぬけた雰囲気を持ちます。子育て世代などのファミリーより、単身層のほうがしっくりいく街並みです。

典型的な大阪下町~JR神戸線・JR大阪環状線間エリア

福島聖天通商店街のノボリ
福島聖天通商店街
(上)「売れても占い」とはなかなか洒落た、というよりベタなキャッチです(下)満艦飾の商店街。非常にDEEPな雰囲気
JR神戸線以北では、あれだけ多くの小規模ビルが建ち並んでいたのに、JR神戸線の線路・阪神高速の高架を越えて南へ行くと、雰囲気はガラッと変わり、低層の一戸建て・木造長屋が立ち並ぶ風景に変わります。同時に道路幅員も少し狭めになり車の往来も少なくなります。

福島界隈は、大阪に行けば事足りるからなのか、大型ショッピングセンターがありません。日々の買い物関係は「梅田まで出て百貨店」「野田阪神へ行ってウイステ
ジャスコ」といった選択肢もありますが、それ以外ならこの界隈の商店街ということになります。メインは「福島聖天(しょうてん)通商店街」で、南側にミコタ通り商店街。

戦前、福島聖天通商店街は心斎橋筋や天神橋筋などと並んで大阪の4大商店街と呼ばれていましたが、戦後は集客力が悪化。「並みの商店街」となってしまったのですがいまは「占い」を使った活性化策が功を奏し「売れても占い商店街」として活気を取り戻しています。

決して垢ぬけたとは言えないこのエリアですが、人情味の厚い所に住みたいという方にはうってつけかもしれません。ただし、通りを歩いても賃貸物件の数は少なく、気長に探す心構えが必要かも。

次はJR大阪環状線以南エリア。いったい、どんなエリアなのか!? 詳細は次ページで紹介いたします。