これぞ「山の手住宅地」~西宮・苦楽園

苦楽園
高級住宅街の中でもTOP級の高級感、苦楽園。駅から徒歩で向かうと、一昔前の「別荘地」といった風情も偲ばれる
阪急神戸線「夙川」駅から出る阪急甲陽線という支線の一つ目の駅、「苦楽園口」駅が最寄駅となりますが、苦楽園はそこから約1km北西方向へ行ったあたりです。住所でいえば苦楽園一番町から苦楽園六番町。ここ苦楽園は、いままでに紹介した武庫之荘、甲子園等とは少し雰囲気が異なります。

この街の魅力はやはり「外界との隔絶感」。駅からは結構距離がある上に、アプローチは滅法きつい坂道。阪急バスのお世話になる場面も多くありそうです。また住宅地内に商店街やスーパーはおろかコンビニがあるわけでもありません。しかし、そんな俗世間的な不便さなど気にしない、そんな気概が感じられるような気がいたします。

そんな高級感にあやかってか、はたまたニーズが高いのか、セレクトショップやちょっと値の張る飲食店が多いのが特徴。ただし、多くは「苦楽園」の中には存在せず「苦楽園口」駅の周辺となります。

高級住宅街といっても千差万別

といった感じで今回の「高級住宅街~尼崎・西宮編」はいかがでしたが?今回4カ所を取り上げましたが、尼崎・西宮にはそれ以外にも「高級住宅街」は存在します。道路の広いニュータウン的な場所もあれば、昭和以前に開発された懐かしい街並みもあります。また、当該地自体は大きな一戸建てばかりでもちょっとはずせば賃貸住宅などがある場合も多数あり。

高級住宅街ど真ん中に住むもよし、周辺でその雰囲気を味わうもよし、感じの良い店を見つけに訪れるもよし。「高級住宅街なんて、私には関係ないさ」などといわず、一度フラットな気持ちで自分の住む場所として考えてみると面白いですよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。