庶民的だがこざっぱりした戸建て街

集合住宅は少なく、一戸建てが多い街並みです。邸宅・豪邸といった類はあまりなく、数戸から数十戸規模のミニ開発された戸建て群が多く建ち並びます。
JR太秦駅前
JR「太秦」駅北側徒歩2分等の風景。非常にのどかに牧歌的。
北側の街並み
古くからの街道筋だと思われる道路沿いには旧家もチラホラ
山側を望む
新丸太町通から北側を望む。低い山々のシルエットが美しい。周辺に建物が少ないことがわかる。
戸建て街
JR「太秦」駅北側を中心に写真のようなミニ開発の戸建て街が多い。
新しい戸建て街
数年前に開発されたと思われる戸建て街区。未利用地が多いため戸建ての供給は多い。
ちょっと大きな戸建て街
JR「太秦」駅南側は、北側と比べて開発時期が少し古い様子。戸建ての敷地も北側と比べて少し広めです。


さて今回ご紹介した京都・太秦の街はいかがでしたか?近くにお勤めの方に伺った話なのですが、ドラマの収録の「犯人の逃走シーン」が戸建て街で行われていたり、武家姿の方が普通に歩いているのを見かけることがあるそうです。住んでる人にとっては慣れっこかもしれませんが、そんな場面に出くわすことも太秦に住む魅力の一つですね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。