宿場町の様子が残る街並

大津といえば東海道五十三次の53番目にして最大の宿場町であった場所。100年以上の昔の話ですが、街を歩いているとまだその面影は残っています。
大津駅から北への道

大津駅から北へ向かう道。市街地へ向かうにはまずここを歩く。

大津駅から琵琶湖へ向かう道

7~8分歩くと京阪電鉄石山坂本線と湖岸道路と直交。写真左手の緑っぽい建物は琵琶湖ホテル。その向うは琵琶湖である。

旧東海道(大津)

旧東海道。古い街並に食い入るように分譲マンションが建っている。

旧東海道道標~大津

旧東海道の標識が大きな主張をせずにそっとかかげられている。

新旧の街大津

間口の広い商店の店先。建物は古いが外装はモダン。

大津事件現場

外壁に板を使っている古い建物。足下には石碑がある。

大津事件の碑

後のニコライ2世が襲われた事件(大津事件)の現場。歴史を感じる。

路地の風景~大津

路地に入るとこんな感じ。正面には商店街のアーケードが見える。

狭い路地~大津アスファルトが未舗装道路になれば50年前の街並と見まがう光景。

狭い路地~大津

もっとせまい路地。生活道路としても今も健在。

 
アーケード商店街

アーケード商店街。活気がある、とまではいかないがまだまだ住民の生活の場として機能していた。

商店街と路面電車の交差~大津

アーケード商店街と路面電車の交差地点。このあたりの街はみな、年に一度の大津祭のために曳山を持っている。

古い街並がまだまだ残り宿場町の面影が有る中心部。一方、琵琶湖湖岸はとても開放的な港町の雰囲気。最後のページでは琵琶湖湖岸周辺の街並をご覧下さい。