漢方でカンタン体質チェック!

イメージ
木をみて森をみず…。漢方なら全体のバランスを診るところから入るので、体質改善もウソではない
ひとは「第一印象が大事」といいますが、実は漢方でも、パッと見でひとを判断することがあります。それは漢方の診察方法の特徴でもある「見る」(望診)「聞く&かぐ」(聞診)「問う」(問診)「触る」(切診)の4つの診察方法の中からも伺えます。

しかもベテランの専門医にかかれば、その内容は体質や病気だけに留まらず、性格まで分かってしまうともいわれるほど。

……自分のカラダのコト、どれくらい分かっていますか? ここでカンタンにできる、漢方的な体質チェック法をご紹介します。

「5秒でわかる?!顔色で体質チェック」
第一印象でわかってしまう「望診」の中でも、「顔色」に注目しています。具体的に五色の顔色をあげて紹介!

「生まれた年でわかる?!体質&性格&病気」
自分がどのような星の下で生まれたかによって、もともと罹りやすい病気やトラブル、性格まで分かるといわれることも?!

「舌でわかる?!不眠やストレスを受けやすい人」
現代人は何らかのストレスをかかえ、寝付けない人が多いようです。舌診断(舌診:ぜつしん)をもとに、ストレス舌をチェック!

「脈でわかる?!風邪や女性の体調変化」
脈診でわかるアレコレを紹介。脈の押さえ方などのキホンから、男女の産み分けもわかるってホント……?

さっそく試してみたいけれど、漢方薬は飲みづらいと思っているとしたら、それは大きな誤解です。漢方薬の簡単な飲み方についてもチェックしておきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項