ひとは「第一印象が大事」といいますが、実は漢方でも、パッと見でひとを判断できてしまうことが多いのです。しかも、その内容は体質や病気だけに留まらず、性格まで……!? ということで、今回はすぐ見てわかる、漢方チェックの極意パート1、「顔色編」です!

【 INDEX 】
・ファーストインプレッションが決め手?⇒ p.1
・5つの顔色で漢方チェック!⇒p.2
 

「望診」(ぼうしん)はファーストインプレッションが決め手!

 
顔色で診察?

顔色や肌のツヤなど、見た目で体質や病気がわかる?


漢方での診察方法は「見る」(望診)、「聞く&かぐ」(聞診)、「問う」(問診)、「触る」(切診)の4つで、これを四診といいます。

今回はファーストインプレッション、つまり第一印象でわかってしまう「望診」の中でも、「顔色」に注目しました。ちなみに望診は、次のようなポイントで診ます。

「望診」チェックポイント
  • 顔色、肌のツヤ、爪の色
  • 体格、体型
  • 髪、目、耳、鼻、唇、歯ぐき、皮膚などの局所
  • 舌の色、大きさ、形状、厚さ、苔の状態(舌診)など




  •  
  • 具体的な5つの顔色チェックは次のページで!