花粉症と睡眠不足の負のスパイラル

鼻水で眠れない

花粉症の症状がつらい人は、毎日70分の睡眠時間を失っているという報告もあります

製薬会社のグラクソ・スミスクラインが以前行った花粉症と眠りに関する調査の結果報告で、興味深いものがあります。全国に住む20歳以上の花粉症患者500人を対象にインターネットを通じて行われたこのアンケート調査によると、花粉症の症状で最もつらいのは鼻づまりという人が非常に多かったようです。今回はそのアンケート結果も見ながら、花粉症と睡眠の質について考えてみましょう。

■花粉症の時期に最もつらいと感じるときは?
1位:就寝時 27%
2位:仕事中・デスクワーク時 21%
3位:睡眠中 20%
4位:人と話をしているとき 6%
5位:起床時 5%

睡眠中とその前後が最もつらいと感じる人が過半数の52%もいるようです。特に男性の32%は、睡眠中が最もつらいと答えています。今や日本人の4人に1人は花粉症ですから、花粉症の時期は睡眠障害が急増していることが考えられます。

■鼻がつまって一番困ることは? (複数回答可)
1位:睡眠 81%
2位:呼吸 74%
3位:仕事・勉強 40%
4位:食事 35%
5位:会話 33%

この結果もまた少し意外なものです。息のしにくさやコミュニケーションよりも、眠れないことの方が、困ることとして上回っています。さらに睡眠は、仕事や勉強、食事などのシーンでも困るケースが多いわけですから、多くの人が日常生活が苦痛を感じていることがよくわかります。ちなみに、花粉症の時期になるといびきが増えると感じる人は、64%もいました。

■花粉症による睡眠障害は?
1位:ある 44%
2位:たまにある 43%
3位:あまりない 12%
4位:まったくない 1%

花粉症の人の9割近くが、花粉症時期はそうでない時期と比べて寝つきが悪くなる、あるいは眠りが浅くなる、と感じています。どのくらい睡眠が障害されているかというと、花粉症時期の平均睡眠時間は、そうでない時期に比べて、1.2時間も短くなることが分かりました。

■ 花粉症悪化の原因は?

1位:睡眠不足 28%
2位:薬を飲まないこと 22%
3位:不規則な生活 14%
4位:仕事によるストレス 12%
5位:食生活 8%

ここでも、睡眠が第1位です。ここまでの結果をあわせて考えると、花粉症が睡眠障害を招き、睡眠不足がさらに花粉症の症状を悪化させているように感じる……という負のスパイラルがあるのが見受けられます。どこかでこの悪循環を断ち切らないと、仕事や日常生活に大きな支障が生じたり、事故などの危険性も懸念されます。

■よく眠れた日とそうでない日の違いは? (複数回答可)
1位:体調が良くなる 54%
2位:気持ちが明るくなる 49%
3位:日中、眠くならない 42%
4位:頭の回転が良くなる 40%
5位:精神が安定する 37%

男性に比べて女性は「気持ちが明るくなる」「精神が安定する」といったメンタル面での違いを感じているようです。さらに 「肌の調子が良い」 など、美容への影響も意識している人が多いことがわかります。

では、心身ともに爽快に花粉の時期を乗り切るためには、どのような工夫をするのが有効なのでしょうか?

花粉症の鼻づまりを解消して快眠するコツ

花粉症に悩む人はどんな対策をしていて、これから試してみたいことは何か、などについて見てみましょう。

■花粉症の治療に使っている薬は? (複数回答可)
  • 病院で処方される内服薬 44%
  • 病院で処方される点鼻薬 29%
  • 市販の内服薬 29%
  • 市販の点鼻薬 29%
市販薬は手軽に買えるのが魅力ですが、効果や副作用の点では病院で処方される薬には劣ります。しかし市販の内服薬の副作用である眠気を利用して、寝つきを良くするという方法もあります。一方、花粉症に困っていても、22%の人が薬は使用していないことには、驚きました。症状がつらい場合は、あまり我慢しない方が良いと思うのですが……。

■使っている花粉症対策商品は? (内服薬や点鼻薬を除く、複数回答可)
1位:使い捨てマスク 73%
2位:空気清浄機・加湿器 33%
3位:洗眼液・洗眼薬 28%
4位:うがい薬 21%
5位:花粉対策の食品や飲料 20%

やはりマスクが、ダントツで多く使われていました。他にも洗眼液やうがい薬、機能食品など、手軽なものも良く使われているようです。この中では高額な空気清浄機ですが、本当に効果がある機種は限られています。

■花粉症対策として効果があり続けやすいものは? (複数回答可)
  • 使い捨てマスク 71%
  • 空気清浄機・加湿器 31%
  • 洗眼液・洗眼薬 28%
  • 鼻洗浄液・鼻洗浄器 17%
  • うがい薬 17%

どうせやるなら、手軽で長続きするものを、と思うのが人情。ほぼ上の結果と同じになりましたが、4位に鼻うがいがランクインしました。これも慣れれば、効果的に鼻から花粉を取り除けますね。

■ 寝つきをよくするためにしている工夫は? (複数回答可)
花粉
何といっても、吸い込む花粉の量を減らすことが大切です

眠る前に薬を飲む 36%
マスクをして眠る 30%
眠る向きを変える 21%
布団を干す回数を減らす 20%
お風呂に長く入る 14%

基本は、マスクをしてなるべく花粉を吸い込まないようにすることと、きちんと薬を飲むことです。また、寝るときの姿勢は仰向けでなく、横向きやうつ伏せで眠ると鼻づまりが軽減し、眠りやすくなることがあります。布団を干した後は、表面を十分に払ったり掃除機をかけたりして、布団についた花粉を部屋に持ち込まない工夫も必要です。お風呂に長く入ると、花粉症でない人も寝つきが良くなります。

■寝つきを良くするために試してみたいものは? (複数回答可)
鼻孔拡張テープを貼る 39%
加湿器を使う 19%
アロマやお香をたく 19%
マスクをして眠る 19%
鼻スティックを使う  18%

詰まった鼻腔を広げるための鼻拡張テープや鼻スティック、さらに効果が期待できるアロマやお香に、人気があるようです。また、睡眠中もマスクをしたり、部屋の湿度を上げて花粉を落としたりして、鼻に入る花粉を減らすのも良さそうですね。

色々な方法を試して自分に合う方法を見つけ、花粉症シーズンもぜひ睡眠の質を保てるように工夫してみてください。花粉症と眠気や、花粉シーズンの快眠法についてさらに知りたい方は、「ヒスタミンと花粉症と眠気の三角関係」「ユーカリで鼻を通して快眠を」もあわせてご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。