学会
ストレスと睡眠障害の関係が、少しずつ分かってきました
今年の日本ストレス学会が、10月31日~11月1日に大阪で行われました。そこで発表された研究の中から、睡眠に関するものをピックアップしてご紹介します。

朝型人間になれない理由

早寝早起きをしたいのだけど、どうしても夜更かしで朝寝坊の生活から抜け出せない。こんな悩みを持つ人は、とても多くいます。これは単に、気合が足らないからでしょうか?

大阪大学社会環境医学講座が発表した、「 朝型・夜型と睡眠・生活満足度の関連性 」 には、生活時間を変えたい人のためのヒントが隠されています。

これまでの研究で、朝型人間と夜型人間 では、遺伝子が少し違っていることが分かっています。また、睡眠の質が悪いと、生活習慣病やうつ病、認知症などの病気になる確率が高いことも、明らかになりつつあります

夜の楽しみ
夜型の人が朝型に変わりにくいのは、理由があるのです
そこで大阪大学の研究グループでは、朝型の人と夜型の人では、睡眠の質や満足度に違いがあるのか、ということを調べました。

研究は、大阪市内のある企業の男性従業員187人を対象に行われました。この人たちを、早寝早起きの朝型、夜更かし朝寝坊の夜型、そして両者の中間型の3つのグループに分けて、アンケート調査が行われました。

その結果、夜型は朝型に比べて、睡眠の質と睡眠時間に対する満足度や、目覚めたときの爽快感、精神的な健康度が低いことが分かりました。しかし、生活全般や仕事、余暇に対する満足度では、夜型と朝型に明らかな差はありませんでした。

予想通り、夜型人間は、人生の3分の1を占める睡眠に関する満足度は、低いものでした。しかし、目を覚まして活動している時間には、十分満足しています。このことから、夜型の人は、長年の習慣を変える努力をしてまで、生活パターンを朝型にしたいという気にならないのではないか、と考えられます。

もし、あなたが朝型人間になりたいのであれば、「 あなたもできる! 早起きの習慣化 」 のシリーズを参考にして、「 なぜ早起きしたいのか 」 をはっきりさせると、成功の確率が高まることでしょう。

仕事の悩みは、ほどほどに

さわやかな朝
目覚めたときに、気分が良いですか?
ますます増える、社会的なストレス。上手く対処していかないと、知らず知らずのうちに溜まってしまい、心や体を壊すこともあります。

このストレスに負けないよう、体の中で頑張ってくれているものの1つが、ストレス・ホルモン とも呼ばれる コルチゾール です。コルチゾールは、腎臓の上にある小さな副腎の皮質から分泌されるホルモンです。

コルチゾールは、日中に襲ってくるストレスに対処するため、起床後30~60分のあいだに大量に分泌されます。この現象を、起床時コルチゾール反応(CAR)と呼びます。この反応は、ストレス状態をよく反映しているので、最近、注目を集めているものです。

これまでの研究では、休日に比べて平日の起床時コルチゾール反応が高いことや、不眠症患者さんのコルチゾールの1日総分泌量は、不眠がない人に比べて多いことなどが知られています。

仕事のストレス
仕事に関わり過ぎていませんか?
今回の日本ストレス学会では、久留米大学高次脳疾患研究所が、睡眠の質と起床時コルチゾール反応の関連を報告しています。

この研究は、20~50歳の女性大学職員を、睡眠に問題があるグループとないグループに分けて行われました。仕事によるストレスの程度を質問紙に記入してもらい、さらに、起床時の唾液に含まれるコルチゾールの量を測定しました。

その結果、睡眠に問題があるグループは、問題がないグループに比べて、仕事に対して思い入れ過ぎ(=オーバーコミットメント)の傾向が強く、幸福感は低いことが分かりました。

また、起床時コルチゾール反応は、休日には2つのグループに差はありませんでしたが、平日では睡眠に問題があるグループが、問題がないグループよりも低い値となりました。

今回の研究から、睡眠の問題を持つ人は、「 仕事に思い入れが強すぎる → ストレスが多い → 睡眠障害 → ストレスに対する抵抗力が低下 → 不眠 」 という悪循環に、はまり込んでいる実態がうかがえます。

そんなときは、せめて、蒲団に入るときには仕事のことを考えないようにしたり、休日には仕事を忘れて趣味や家庭のことに没頭したりして、ストレスや睡眠の問題を減らすことを心がけてみて下さい。


眠りながらのストレス解消法

歯ぎしり
睡眠中に歯ぎしりをする人は、大人で8%、子どもでは14~20%もいます
睡眠中の 歯ぎしり は、ベッドパートナーに迷惑をかけるだけではありません。

自分の歯を痛めてしまう危険性もあります。また、歯ぎしりが続くと、顎の関節が痛くなる 顎関節症 になってしまうこともあります。

歯ぎしりする原因は、まだよく分かっていませんが、ストレスと関係していると言われています。今回の日本ストレス学会では、大阪大学歯学研究科から、歯ぎしりとストレスの関係についての発表がありました。

この研究は、顎関節症がある患者さんとない患者さん、あわせて63名を対象に行われました。ストレスの強さは、唾液の中のクロモグラニンA とコルチゾールで測定しました。

クロモグラニンA は、ストレスが強いと量が増え、リラックスすると減る、たんぱく質の1つです。前述しましたが、コルチゾールはストレスと闘ってくれるホルモンの一種です。

研究の結果、睡眠中に歯ぎしりをする人はしない人に比べて、唾液中のクロモグラニンA の濃度が低くなっていることが分かりました。一方、コルチゾールの量は、歯ぎしりする人としない人とで、明らかな違いはありませんでした。

この結果から、睡眠中の歯ぎしりは、ストレス解消に役立っている可能性が考えられます。歯ぎしりは悪いことばかり、と言うわけでもないようですが、ベッドパートナーのためには、他のリラックス法を身につけてほしいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項