早起き
朝の1時間は、日中の2~3時間に相当します
楽しいイベントがある特別な日は、苦もなく早起きができる。だけど、早起きを習慣にしようとしても、なかなかできない。という人は、多いのではないでしょうか。

そこで今日から4回にわたって、毎朝4時に起きているガイドが、早起きを習慣にするための秘訣をお教えします!


目標を数値ではっきり表す

時計
良い目標は、具体的で、計測ができて、期限が決まっています
「早起きしたいなあ……」と思っているだけでは、決して早起き人間になれません! 逆に、目標をしっかりと立てることだけで、半分は成功したようなものです。成功哲学では、「強く思ったことは、実現しやすい」とも言われています。

では、どんな目標を立てたら良いのでしょう? 一番大切なことはもちろん、起きようと思っている時刻です。でも、これだけでは、まず、失敗します。なぜでしょうか? 最初から、毎日決まった時間に早起きするなど、できるはずがないからです。もしそれが可能なら、既にあなたは、起きたい時間に起きられるようになっているはずです。

まず小さな成功を積み上げて、本当の目標を実現するような予定を立てましょう。つまり、いつから、早起きを始めるのか?最初は、何日に一回、予定時刻に起きられたら OK とするのか?いつから、完全に、早起き生活になるのか?休日は、どのくらい遅く起きても、良しとするのか?を考えてみてください。

■目標チェックリスト
自分がどういう朝を迎えたいかを考えて、下の空欄を埋めてみてください。

・ 目標の起床時刻は、__時__分です
・ __月__日から、早起きに挑戦します
・ 最初の1週間は、__日に1回以上、早起きします
・ 次の1週間は、__日に1回以上、早起きします
・ __月__日以降は、毎日、決めた時間に起きます
・ 休日は、__時__分に起きます

次に、やる気を出す仕組みをご紹介します。