「食べる私を見られたくない」から卒業するには?

1人だっていい、見られたっていいと思えるために必要なこと

1人だっていい、見られたっていいと思えるために必要なこと

では「便所飯」や遠くの公園でのランチ、昼食のガマンを続けていていいのか、というとそうではありませんし、そのまま続けていきたい人はまずいないでしょう。

昼食は1人で食べてもいいし、ときには他人と共にしてもいい。1人で食べているところを知り合いに見られたって、かまわない。大勢の人と会食してもそれなりに楽しめるし、同じメンバーといつも一緒じゃなくても不安にはならない。つまり、「他人の目」を気にしない自分になれれば、自然に「ランチタイムの憂鬱」からも解き放たれていきます。

そのためには、「自分」というアイデンティティを見つめ、それを大切にしていくことが必要です。この世にたった一人しかいない自分に自信を持ち、「私は私だ」と確信できるようになれば、ランチタイムに限らず、あらゆる場面で自分らしく過ごすいことができます。他人とも適度な距離を持ちながら、緊張しすぎずに行動を共にすることができるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項