男性→男性でもセクハラになるって本当?

「酒の席だから」では通じない!
セクハラ発言には、「酒の席でのこと」という甘い理由は通じない!
セクシャルハラスメントは、「男性から女性へ」の性的な嫌がらせと捉えられることが多いものです。

2007年の改正「男女雇用機会均等法」の施行により、男女双方に対する差別の禁止のほか、セクシャルハラスメントは男性に対して行われるものも対象となり、職場での対策は事業主の「努力義務」から「措置義務」へと拡充されるようになりました。そして、2014年7月から施行される同法の指針改正により、セクシャルハラスメントは同性に対するものも含まれることが明記されることになりました。

たとえば、男性の多い職場では、「同性のよしみ」などと言いながら、こんな言動が広がっていませんか?

● 上司と風俗店に付き合う男性社員のみが、厚遇されている
● 新入社員は、飲み会で自分の性的初体験について話すのが恒例
● 体の一部分を茶化したあだ名を付けられている
● 性的な冗談を受け入れないため、何となく仲間はずれにされている
● 接待として、性的サービスを取り入れることを要求される(風俗店での接待、裸踊りなど)

これらの行為はみな、セクハラに抵触する可能性があります。


意外に深刻? 男性のセクハラ・ストレス

「性的な話題は男同士の絆を強くする」の思い込みは、まったくの誤解!
「性的な話題は男同士の絆を強くする」という思い込みは、まったくの誤解!
一部の男性の中には、「男はセクシャリティを好むもの」という思い込みから、性的な話題を持ち出すことで信頼関係が築ける、と信じている人もいるようです。

しかし、セクシャリティはあくまでもプライバシーに関わるもの。職場という公的な場所で持ち出されると不快に感じ、嫌がらせと受け止める人が多いと思われます。それでも、「男のクセに」「男なんだから」とプレッシャーを与えられ、嫌々付きあわされているケースも少なくありません。

また、当人だけでなく、周りに与える不快感も大きな問題です。性的話題が持ち出されることによって、口や顔には出さなくても働く意欲が阻害されている人もいるでしょう。したがって、仕事を通じた付き合いでは、誰に対してでも、どんな状況でも、「性的話題はタブー」と心得ておくことが大切です。