「夏バテ」と「夏ストレス」は違う!

疲れた
冷房の冷えで夏バテはますます深刻に!
夏も終盤になってくると、疲れをどっと感じます。「最近、疲れがとれないけど、夏バテかな~」と体調を気にする人も多くなります。

夏バテ」とは、夏の暑さのために身体の働きが低下してしまうことをいいます。また、最近では冷房による過激な寒暖差で体調を崩すことも含まれます。たとえば、以下のような症状が現れます。

●寝苦しくて睡眠がしっかりとれない
●食欲が進まない
●身体がだるい、疲れを感じる
●冷房によって冷え症になる
●水分のとりすぎでむくむ

夏バテを解消するためには、栄養補給や睡眠、適度な運動などのように、生活習慣を見直すことが大事です。しかし、この季節は夏バテだけではなく、「夏ストレス」も深刻な問題です。


その1:「アクセル全開」がストレスの元

花火
楽しいことがありすぎて、無理をしていませんか?
夏は他の季節よりも気分が開放的になり、「アクセル全開」で突っ走りがちになります。そのため、無理をしすぎてしまうことが多いのではないかと思います。たとえば、こんなことが「夏ストレス」を引き起こす原因になります。

●日中の暑さのため、涼しい夕方以降に活動が活発になる
⇒例)残業の頑張りすぎ/連日の夜遊び、など

●寝苦しさも手伝って睡眠サイクルがずれ、睡眠不足になる
⇒例)夜更かし/朝食抜き、など

●「夏休み」のスケジュールは「アクティブ一辺倒!」
⇒例)海水浴場で1日中遊ぶ/夏休みイベントで1日中歩き回る、など

●お酒を飲みすぎたり、「オールナイト」で遊ぶことも……
⇒例)ビールを飲みすぎてつい深酒/野外オールナイトライブに行く、など

上のような例は「楽しくてやっている」ことも多いですよね。楽しいといつまでもそれを続けたいと思うし、また「できる」と思ってしまいます。

でも、体力には限界があります。やりすぎてしまうとまず身体に疲れが表れ、放っておくと突然気力も萎えてしまうことがあるのです。いいストレスである「楽しいこと」も、やりすぎれば「悪いストレス」になる、ということを覚えておきましょう。


免責事項