情報に振り回されて自分を見失ってない?

1
いつも情報ばかりを頼りにしていませんか?
情報化時代といわれる現代では、いち早くいい情報を取り入れることが、人生を豊かにするコツだといわれています。

新しい情報に触れていないと、時代に取り残されるような不安感を感じることもあるでしょう。しかし、情報に頼りすぎると、主体的に物事を判断する力を養えなくなることも事実です。また、物事に素直に感動する心や、直感力を失いがちになることも否めません。

情報化時代の弊害は、自分なりの個性や感性を見失いやすくなることにあります。情報に依存しない自分になるためには、日ごろから情報の使い方、生かし方に気をつけなければなりません。


情報への依存傾向をチェックしてみよう

自分は大丈夫、と思っていても、知らず知らずのうちに情報に依存的になっている人は多いものです。

たとえば、日常生活のなかで、以下のようなことに心当たりがないかどうか、チェックしてみましょう。

● 作品を見る(読む)より先に、つい「解説」に目がいってしまう
● いつも最新のニュースをチェックしていないと不安になる
● 気がつけば、「話題のもの」ばかりを追いかけている
ガイドブックや情報誌がないと、旅行や街歩きを楽しめない
● 何につけても、人の意見が気になる
● パソコンや携帯電話など、情報ツールがそばにないと不安になる

半分以上の項目に心当たりがあれば、あなたも情報への依存傾向が高いといえます。では、実際に情報とどのように付き合っていけばいいのでしょうか?