ダイエット成功率たった3割の訳とは?

プロセスに喜びを感じなきゃ、ダイエットは続かない
プロセスに喜びを感じなきゃ、ダイエットは続かない
また、ダイエットが成功しないのも、「負の強化」で行っている場合が多いせいだと、私は考えています。

たとえば、キリンお酒と生活文化研究所の調査によると、女性のダイエット経験者は8割にも上る一方で、成功率はたったの3割。ダイエットの内訳の上位3が、「間食をやめる」「甘いものや脂っこいものを控える」「1回の食事量を減らす」という食べないダイエットでした(2006年 有効回答数女性2,378名)。ダイエットをする人は多くても、成功する人は少ないのです。

「太ることを避けるために、食事を制限する」という負の強化は、「1週間先のデート」のように目先の目的のためなら効果絶大ですが、ずっとスリムをキープするためには、あまり役に立ちません。食事制限でストレスがたまると、脳は逆に異常な食欲を起こし、結局はリバウンドしてしまいます。

つまり、続けることで体が楽になる。「きれいになったね」と褒めてもらえる。このように、やせるプロセスを楽しく思える「正の強化」の方法でなければ、長期的なダイエットは、まず続きません。


「ポジティブ・スローガン」をつくってみよう!

「負のスローガン」で、自分の足を引っ張るのはナンセンス
「負のスローガン」で、自分の足を引っ張るのはナンセンス
したがって、ロングタームで自分を向上させるためには「正の強化」でいくことが大事です。

それには、「~にならないように、~する!」という「ネガティブ・スローガン」を、「~したいから、~する!」「~になりたいから、~しよう!」という「ポジティブ・スローガン」変えるのがポイントになります。

「こうなりたい」という自分像を具体的に思い描くと、そのイメージの力が自分を成功へと導いてくれます。とにかく、どこかに書いてみるのがお勧めです(紙でもブログでもOK)。さっそく、私も次のように書いてみました。ちょっと恥ずかしいですが公表します。

●「サムい夫婦にならないように、夫と会話をする」

「いつまでも仲の良い夫婦でいたいから、できるかぎり一緒に夕食を食べて、楽しいことを話す」

●「みっともないから、爪を噛まない」

「きれいな指先でいたいから、たまにはネイルサロンでケアし、噛むのがもったいない爪にする!」

みなさんも、ぜひやってみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項