蚊帳を活用! 涼しい屋外の気温を活かす方法

室内で使えば、お姫様気分が味わえます

室内で使えば、お姫様気分が味わうこともできます。エアコンの風が直接当たるのが嫌いな人にもお奨めです

今では国内で感染することはありませんが、昔は日本でも土着マラリアが流行っていました。蚊による感染症予防のためにも、一役買っていたのが蚊帳。現在は窓や網戸の性能が良くなったので、屋内で蚊帳を使うことはほとんどなくなりました。

眠る時刻になっても、室温があまり下がらない熱帯夜でも、屋外の方が気温が数℃低いことは多いのです。アウトドアに抵抗がなく、防犯上の問題がないなら、屋外での睡眠もお奨め。ベランダに蚊帳を吊ったり、ウッドデッキにテント型の蚊帳を立てたりしてみましょう。、蚊帳があれば蚊に悩まされることもなく、それでも暑ければ、室内から扇風機の風を送ることもできます。

我が家でも今夏から晴れている夜には、モスキートテントを庭に立てて眠っています。自宅にいながらキャンプ気分を味わえるので、子ども達も大喜びです。


【関連サイト】
夏こそ快眠を!グッスリ眠って夏バテ知らずの健康生活
寝苦しい夜も快眠! 癒しの枕ベスト5
爽快ベッドと敷き布団&パッド
快適なお昼ね。
蚊を気絶させてとる方法

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項