実践! 簡単に始められるペットボトルエクササイズ

1)シュラッグ(肩こり対策)
肩をすくめた後にしっかり脱力しましょう

肩をすくめた後にしっかり脱力しましょう

直立して両手にペットボトルを持ちます。肩をすくめる動作を行い、そのあとに力を抜いてリラックス。肩の筋肉(僧帽筋)をゆるめることで、肩こりの改善にもつながります。10回程度行いましょう。





2)側屈(体のゆがみ改善)
側面がしっかり伸びるように意識しましょう

側面がしっかり伸びるように意識しましょう

立った状態で右手にペットボトルを持ちます。その重さを意識しながらゆっくりと左側面を伸ばしていきます。3~5秒ほどかけて伸ばし、元の状態に戻ります。10回行ったら今度は左手にペットボトルを持ちかえて右側面を伸ばすようにします。同じく3~5秒かけて伸ばし、10回程度行いましょう。





3)アームカール(二の腕対策)
リズミカルに交互に腕を上げましょう

リズミカルに交互に腕を上げましょう

直立して両手にペットボトルを持ちます。そこから右腕を曲げて手が肩に近づくようにします。一度腕を下ろしたら今度は左腕を曲げて左肩に近づけるようにします。これを交互に10回繰り返します。





 

4)キックバック(二の腕対策)
体をしっかり支持したうえで行いましょう

体をしっかり支持したうえで行いましょう

椅子の背もたれなどを使って少し前かがみの状態を作ります。アームカールとは逆に肘を曲げた状態がスタートです。そこから腕を伸ばす動作を行います。左右それぞれ10回程度行うようにしましょう。








5)内転筋トレーニング(O脚改善対策)
内側をしっかり締めて足もほっそり

内側をしっかり締めて足もほっそり

椅子に座り、太ももでペットボトルを挟むようにします。そこから押しつぶすように太ももに力を入れます。3~5秒間のキープを10回程度行いましょう。






6)腿上げ(腰痛予防対策)
太ももの前側を鍛えると腰痛予防にもつながります

太ももの前側を鍛えると腰痛予防にもつながります

内転筋トレーニングと同じスタート姿勢をとります。椅子の縁に手をかけて体を支えながら、軽く太ももを浮かすようにします。浮かない場合は、力を入れるだけでもOKです。出来る人は3~5秒間のキープを10回程度行いましょう。






外での運動がしにくい梅雨の季節、身近なものを活用しながら、効果的に室内エクササイズを実践しましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項