生活習慣病を防ぐための食生活

健康を維持・増進するために望ましい食生活については、厚生労働省や農林水産省より、食生活指針や、具体的な行動に結びつけるものとして、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかの目安を分かりやすくイラストで示した「食事バランスガイド」があります。

農林水産省の調査では、「和食」を好む傾向にある人ほど、「食事バランス」がとれていたということが報告されていますので、まずは1週間の中で、和食を食べるように心がけるとよいでしょう。和食にすると、脂肪比率も理想的な20%程度になります。

また脂肪の多い肉類や油脂類を控えめにし、野菜や果物、海草類、芋類、豆類、未精製品の穀類などを積極的に食べるように意識すると、不足しがちなビタミンやミネラルを補い、よく噛むこともつながり、肥満や歯周病予防にも役立ちます。

もちろん気をつけるのは食生活だけではありません。適度な運動が善玉コレステロールを増やす、減量することで血圧やコレステロール値、血糖値が適正になるということもあります。適度な運動、休息、禁煙、飲酒習慣、ストレス管理など生活の様々な面に配慮することが必要です。

■関連リンク
生活習慣病・メタボリックシンドローム(食と健康)
メタボ対策にビンゴ式食事管理シート(食と健康)
体重増加に医療費も比例し、家計を圧迫?(食と健康)
健康寿命をのばすための第一歩「素食」(食と健康)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項