食の安全が言われている今日この頃ですが、食品添加物によってアレルギーが悪化することはあるのでしょうか? 今回は食品添加物とアレルギーの関係について説明したいと思います。

そもそも「食品添加物」とは?

食品の保存などのために、食品添加物が使われています
食品の安全性の確保のために作られた食品衛生法。この法律によって、食品に含まれる食品添加物は規制されています。

食品衛生法第4条には「食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によつて使用する物」と書かれています。

食品の保存、着色、酸化防止、味付け、香り付けに、食品添加物が使用されています。現在、1200種以上の種類がありますが、大きく分けると以下の2種類に分類できます。

  • 指定添加物:食品添加物の安全性と有効性を確認して厚生労働大臣が指定したもの

  • 天然添加物:長年使用されてきた天然添加物として品目が決められている「既存添加物」、「天然香料」、「一般飲食物添加物」


いわば、人工と天然です。

食品添加物は、食品の品質保持、栄養保持、味覚や視覚の改善、食品の製造・加工・調理・処理・包装・運搬又は貯蔵過程で補助的役割を果たすために必要とされています。流通には日数がかかりますし、食品添加物なしでは私達の現在の食生活を成り立たせるのは困難です。

役割別には、以下の5つに分類されます。

  • 食品の製造に必要なもの:豆腐の凝固薬(にがり)、ビスケットなどの膨張剤、発酵に必要な酵素

  • 食品の保存に必要で、食中毒予防:保存料、酸化防止剤など

  • 食品の品質の向上:乳化料、増粘剤、安定剤、ゲル化剤など

  • 食品の風味、外観をよくするもの:着色料、発色剤、漂白剤、甘味料など

  • 食品の栄養補強するもの:ビタミン、ミネラルなど


食品の品質を保つためには、食品添加物は必要になります。しかし、中にはアレルギーを起こしたり、悪化させたりする食品添加物があります。