写真のタイトル
ポーズを30秒ほど維持させることで、普段の生活では動かすことの少ない筋肉に良い刺激が入ります。
皆さんは『アクティブヨーガ』をご存知でしょうか?日頃のデスクワークで体をストレッチさせる時間がなかったり、、最近腰が重くなるなぁ・・・と感じ始めた方、『アクティブヨーガ』を試してみませんか?ご自分の体のアンバランスを確認しつつ、筋肉疲労による腰痛、肩こりの緩和にトライしてみましょう!たくさんのポーズの中から簡単なもの2つをご紹介します。
<CONTENTS>


写真のタイトル
マインド&ボディコンディショニングエクササイズである『アクティブヨーガ』の創始者、久保田吉浩先生です。

『アクティブヨーガ』って何?

『アクティブヨーガ』創始者の久保田吉浩先生によりますと、『アクティブヨーガ』とは、ハリウッド女優やセレブ達に大人気の『パワーヨーガ』をフィットネスクラブ向けにアレンジしたものだそうです。ヨーガには「心身一如」という考え方があり、心と体は密接に関係しているため、体からアプローチすることで心の調整にもつながると考えています。

ヨーガというと「私、体硬いから無理!」と思う人も多いようですが、個人の柔軟性に応じてポーズを変えることができるため、男女問わず、年齢幅広く親しまれています。デスクワークなどで、疲労しやすいといわれている姿勢を支えるための筋肉を刺激し、腰痛や肩こりの緩和や予防にも活用できます。1ポーズ30~40秒で良いのです。『アクティブヨーガ』を知りながら、簡単ポーズに挑戦してみましょう!

*アクティブヨーガって何?*

体のゆがみが自覚できる!
骨が折れ曲がっているわけではないのに、体が曲がって見えることがあります。これは筋肉の緊張によって体の重心がズレてしまい、無意識のうちに体が傾いているのです。

じっとしているようで、実は有酸素運動をしている!
有酸素運動は脂肪燃焼にも効果的です。『アクティブヨーガ』の有酸素運動のヒミツは呼吸法にあります。

ダイエット効果もある!
腰や肩のコリ解消を目的として続けていたら、ウエストがスッキリという人も。これはナゼでしょうか?

筋肉が刺激され、腰痛を予防!
腰を支える筋肉は体の深いところにあります。日常生活で、緊張しがちなその筋肉に刺激を与え、腰痛を予防!


*簡単ポーズ!アクティブヨーガを実践!*

その1 肩周り、背中、腿の裏側も刺激しよう(ダウンワードドック)
普段の生活の中では、両手をバンザイする機会はなかなかありませんね。このバンザイのポーズが入り、知らず知らずのうちに肩周りや背中の筋肉に刺激を送ることが出来ます。

その2 骨盤を前に押し出すポーズ!(ウォーリア-1)
両腕を上に挙げたまま、腰をひねり骨盤を前へ押し出します。体のアンバランスの確認は右と左でこのポーズをとってみましょう。どちらか片方の腕が挙げづらかったり、腰を同じようにひねることができなかったりと、左右の違いに気付くことができます。
 

>>次のページでは、アクティブヨーガを続けると、こんなに良いことがあります!>>