第1位 ニコレット

ニコレット
医師として禁煙を考えたときに、やはりおすすめしたいのは、タバコ以外の方法でニコチンを摂取するニコチン代替療法です。
禁煙中の人に巨大なタバコがまとわりついていくCMを、ご覧になっている方も多いのではないでしょうか。ガイドが選ぶおすすめ禁煙グッズの第1位は、ニコチンを含んだガムであるニコレットです。

ニコチンに対する欲求は、しっかりと満たしてやることで、喫煙というニコチン補充行動への欲求が下がり、無理なく禁煙することが可能になります。続いて、摂取するガムの個数を減らしていくことでニコチン依存から離脱していきます。

シリーズ化しているコミカルなCMが印象的ですが、その実は、効能効果が実証されている医薬品。お手軽に禁煙にトライするためのグッズというよりは、真剣に禁煙に取り組みたいと言う方にしっかりと応えてくれるのがニコレットです。

ただし、ガムをかみながら、やっぱり……とタバコを吸うと、体内に摂取されるニコチン量は過剰になってしまうこともあるのでご注意下さい。

「ニコチンガム」といっても、お菓子としてのガムとは異なり、使い方にも決まった用法がある医薬品ですから、薬局で薬剤師の先生にご相談しながら使っていくことをおすすめします。

ニコレットクールミント:ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) 12個入 1,260円(税込み)~



たかが禁煙と侮るなかれ

たかが禁煙と侮るなかれ
タバコがやめにくい原因は、ニコチン依存症の存在であり、医師による診察や治療も重要です。
タバコは、本当にやめにくいものです。ニコチンに限らず、種々の薬物や買い物、パチンコなど、様々な依存症は、状態によっては医療のしっかりした介入も必要になってきます。近年、医師が禁煙の治療を行う「禁煙外来」も広がってきました。

さらに、平成20年夏ごろには、今までは禁煙外来での医師による診察と、処方せんが必要だったニコチンパッチ(貼り薬)が、一般の薬局でニコレットと同様に購入することができるようになります。

また、禁煙外来では、平成20年4月から、ニコチンパッチに加えて禁煙の渇望感と喫煙の満足感を減らしていく新しいお薬(チャンピックス)が用いることができるようになりました。

まずは、今回ご紹介したような種々のグッズをおためしになり、それでも、うまくいかない場合には、一度、禁煙外来を受診されては、いかがでしょうか。

そして、完全禁煙までには、何度か失敗を繰り返すことも必要な場合も少なくありません。1度や2度の失敗であきらめてしまわずに、色々な方法や世界禁煙デーのようなタイミングも利用して何度もトライし、是非、タバコのない新しい生活をエンジョイしていただきたいと思います。


【関連リンク】
タバコは「俺だけの問題」ではありません。受動喫煙のお話も。⇒禁煙は最高のクリスマスプレゼント!?(All About がん・がん予防)

禁煙に関する基本的な知識を整理。禁煙を決意したときに、まず、行うこととは……⇒がん予防の第一歩!今日から始められる禁煙(All About がん・がん予防)

「がん・がん予防」メルマガでは、最新記事のお知らせを始め、フレッシュな情報をお届けします。登録はこちらから。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項