ようやく禁煙してくれた……

禁煙の難しさ

心理的依存と身体的依存。この2つが複雑に絡み合った喫煙行動を止めるのは容易ではないことも多いようです。

口が酸っぱくなるほどタバコの害について話したのが効いたのか、通勤・勤務中のタバコが吸えなくなったので仕方なくなのか、はたまた、タバコの値上げで思うところがあったのか……。実際の動機は本人にしかわかりませんが、ようやく身近な大切な人がタバコを止めようとしている! そんな方も、少しずつ増えているのではないでしょうか?

しかし、タバコを止める気持ちがあっても禁煙を成功させるのは難しいもの。ニコチンという薬物の依存性の高さと、「食後の一服」というような精神的な依存が複雑に絡み合っているため、意志の力だけですぐにやめられない人が多いのも事実です。

ニコチンパッチやガム、また、ニコチンを摂取してもその効果を感じにくくする内服薬なども発売されていますが、禁煙が成功するまで、周囲の人たちは、大切な人の禁煙をどう応援していけば良いのでしょうか? 身近な人の禁煙を助けるちょっとしたコツをまとめてみました。

禁煙に挑戦できていることを一緒に喜ぶ

禁煙に至るまでの経緯はさておき、まずは今、禁煙に挑戦していることをご本人と一緒に喜ぶことが大切です。

コーチングにおいても「承認(=acknowledge)」は重要な要件です。「あなたが禁煙していることを、私は知っている」ということを言葉や態度で伝えてあげてください。

また、禁煙はその直後から、体に良い影響を及ぼすことが知られています。1日1日の積み重ねが、心臓や脳血管のリスクを下げ、重篤な病気から遠ざかることにつながっていることも、あわせて伝えましょう。

喫煙につながる環境を避ける

宴会に注意

せっかく上手くいっていた禁煙が、ちょっとしたことで中断してしまうことも……。その代表的なものが宴会です

特に禁煙初期は、ちょっとしたことで喫煙行動を再開してしまうことがあります。その代表例が、宴会などのお酒の席。お酒が入って少し気がゆるむことがあるのでしょう。また、周囲の人が、面白半分に勧めることがあるかも知れません。

しかし、その1本でせっかくの禁煙が中断してしまうことがあります。場合によっては、「今は、飲み会には行かない方がいいんじゃないの?」と、宴会に行くことをちょっと思案するような一言をかけてあげることが禁煙継続に有効なこともあります。

禁煙に失敗してもめげない

応援

一度や二度の失敗は、完全禁煙達成までに必要なプロセスと割り切って、また、スタートできるように応援していきましょう!

完全に禁煙に成功するためには、何度かの失敗があると言われています。一度や二度の禁煙の挫折は、むしろ禁煙に向けた必要なステップとも言えます。また、それだけニコチンの依存性は高いということでしょう。

もし、禁煙に失敗したときには、それは、失敗ではなく「禁煙の中断」だと考えるようにしましょう。「タバコを吸わない期間が1日でも長いことが、健康のためには大切」と声をかけ、また、再度挑戦できるようにサポートをしてあげて下さい。

共に支えることが大切

禁煙に限らず、簡単ではない目的を達成するためには、孤独ではないことを知ること、上手くいくように周りが共に考え行動すること、そして、失敗してもめげずにもう一度挑戦しようと考えることは、必要なサポートです。

あなたの大切な人を病気から遠ざけるために、まずはちょっとした声かけから応援を始めてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。