誰もが知っているタバコの害

タバコの害について
タバコが健康に及ぼす影響を知らないという方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?しかし、今日もまた、吸ってしまう。その理由はどこにあるのでしょう?
「タバコが体に悪い」ということは、今、タバコのパッケージにもでかでかと書かれていますし、喫煙者でもご存知ない方はいらっしゃらないのでは、と思います。肺がんや食道がん、胃がんや大腸がん、膀胱がんなど多くのがんの発生率を上げることは報告されていますし、肺気腫やEDなど色々な病気の原因となりうることが明らかにされています。

また、最近では、健康増進法の施行以後、公共の場所はほとんどが禁煙になり、自治体によっては路上での喫煙も制限されるようになってきた上に、タバコの値段が上がっていくことも予想されています。

こういった状況では、喫煙という行為そのものが、きわめて理不尽なものになっていることも、多くの喫煙者が気づいておられることだと思います。しかし、今日もまた、一本吸ってしまう。これは、一体、なぜなのでしょうか?


喫煙とは「ニコチン依存症」である

ニコチン依存症
理性ではよくないことはわかっている。しかしやめられない。この状態は、まさに「依存症」そのものです。
体への影響も、社会通念上も、経済的負担を考えても、止めた方がよいと思っている。しかし、止められない。この状態は実は「依存症」と呼ばれる状態です。そして、喫煙の場合に依存しているものは、ニコチンという薬物です。すなわち、喫煙行動はニコチン依存症によるものだと考えられます。

ニコチンは、きわめて依存性の高い物質です。脳内での快感や達成感を感じるホルモンを放出させるために、血液中のニコチン濃度が下がってくるとどうしてもほしくなってしまいます。これは、気持ちや精神的な問題というよりもきわめて生理的・薬理的な減少です。よって、理性ではコントロールできずに喫煙を続けてしまうのです。