2002年(平成14年)の健康増進法の制定以後、公共の場所やレストランでの禁煙が進んできました。最近では、職場や職場の入っているビル全体が禁煙になっており、喫煙家にとっては、なんとも過ごしにくい環境になりつつあります。

また、自動販売機でのタバコの購入には、本年3月から鹿児島県、宮崎県を皮切りに順次、taspoという識別カードが必要になり7月には、全国でtaspoがなければ自動販売機での購入ができなくなります。その一方では、タバコの値段もこの数年で上昇してきました。

そもそも、タバコが体に悪いことは喫煙家もよくご存知のことだと思います。
折しも、5月31日は、世界禁煙デー。

「よし、一丁、禁煙してみるか!」と一念発起したあなたをサポートする、ガイドおすすめの禁煙グッズベスト5を「週刊アスキー」との連動企画としてお届けします。

第5位:禁煙パイポ

禁煙パイポ
おそらく日本で最も有名な禁煙グッズの一つではないでしょうか。30代以上の世代には、あのCMでおなじみの一品です。
「私は、コレで会社を辞めました」。当時中学生だった私は、よく意味も知らずに真似をしていて先生に怒られた記憶がありますが、それほど強烈な印象のCMで一躍有名になった商品です。

喫煙の理由の一つである、「何となく口寂しい」「暇なときに、何となく手持ち無沙汰」という欲求に応える商品です。写真の懐かしい商品だけでなく、最近では、「リラックス」、「お口すっきり」、「目の覚める」といった機能を付加した商品も開発されています。

禁煙時のイライラは、血中のニコチン濃度低下によるものなので、それを直接抑えるわけではありませんが、習慣でタバコを吹かしている、という方にはおすすめです。

禁煙パイポ:マルマン株式会社 3本入り 315円(税込み)~




第4位 インターネット禁煙マラソン

インターネット禁煙マラソン
ウェブに慣れ親しんだ世代にとって、やはり、とっつきやすいのはインターネットの活用でしょう。禁煙に興味を持った方から、禁煙を続けて行かれる方まで、寄り添うように支援してくれます(写真は主宰の高橋裕子さんの著書:ダイヤモンド社刊 1,365円)。
「そろそろ、さすがに禁煙しようか。」「禁煙するぞ!」「もう一度、チャレンジしてみよう!」など、禁煙が頭にちらついたとき、インターネットの検索エンジンを利用してみる方も多いのではないでしょうか。

ブロードバンドインフラの整備が進むにつれて、生活の一部になってきたインターネットは、実は、禁煙にも役立てることができます。

インターネット禁煙マラソンは、内科医であり禁煙支援の草分けのお一人である高橋裕子さん(奈良女子大学教授)が1997年から主宰されているものです。1口10,000円~の参加登録寄付金を支払うことで3週間の禁煙開始プログラムに進むことができます。同じ時期に禁煙をスタートする仲間だけでなく、先輩からのアドバイスが得られることが特徴です。

その後、1年間の禁煙継続支援では、メーリングリストやメルマガの他、講習会等のオンラインでの支援は無料に受けることができます。

禁煙の決心は、こっそりしたい。でも、1人では不安。そんなあなたに、是非、おすすめしたい方法です。

なお、PCコースだけでなく、携帯コースも有るほか、とりあえず、メルマガだけというメルマガコース(参加登録寄付金1口3,000円~)もあります。

インターネット禁煙マラソン:禁煙マラソンPCコース 10,000円(参加登録寄付金)~





次のページは、トップ3の発表に続きます