「1/fゆらぎ」という言葉をご存知ですか? とても不思議な名称ですね。
東京工業大学名誉教授である武者利光さんが研究された理論で、規則正しさと不規則さがちょうどよいバランスで調和したパターンのことをいいます。「1/fゆらぎ」を取り入れて、やすらぎのある暮らしをしてみませんか?

自然界のものはすべてゆらいでいる

自然界にあるものは、すべてが一定の規則正しさの中にあるのではなく、不安定にゆらいでいます。そして、この不安定さが人に心地よさを与えているということをご存知ですか?

たとえば、わたしたちの鼓動を例に取ってみましょう。手首に指を当てて脈を測ってみると、時々速くなったかと思うと、またゆっくりになったりと、決して等間隔ではないことが分かるでしょう。わたしたちの体のリズムも「1/fゆらぎ」になっているのです。

また、波の音を聞いてみましょう。ざっぱ~んと打ち寄せる波の音も決して等間隔では訪れません。少し間があくかと思うと、次の波音は立て続けに訪れたり、規則性があるようでないような音が繰り返されることに気づかれるように思います。これも秩序と無秩序の間、つまり「1/fゆらぎ」の状態なのです。

もうひとつ面白い例を出しましょう。定点観測をしていると、スムーズに流れているときの高速道路の自動車の分布も、「1/fゆらぎ」と関係していることが立証されています。車間距離がつまった車の群れがやってきたり、長く距離が離れていたりと、その分布は一定でなく「1/fゆらぎ」のパターンとなっています。

「1/fゆらぎ」を生活に取り込むには?
次へ ⇒

次ページ:|1|2