なぜウソをつくの?

1
ウソは自分を守るための“盾”
「恋愛にはウソがつきもの」・・・とはよくいわれますが、みなさんも男女関係の中で、ついついウソをついてしまったことはないでしょうか?

本来、人は自分を守るための防衛本能として、ウソをつきます

自分をさらけださなければ恋愛はできませんが、生身の自分をさらけだせば、それだけ傷つく局面も増えてしまいます。だからこそ、自己防衛の一環として、とっさにウソをついてしまうのです。


ウソは態度に表れる
~6つのポイント

では、相手のウソを見抜くためには、どんな点に注意したらよいのでしょうか? ウソをつくと、態度に変化が表れることが多いのです。たとえば心理学者の渋谷昌三氏は、以下の6つのポイントを指摘しています。


1 手の動きを抑えようとする(手の動きを通して、自分の本心を見抜かれないようにするため)
例)腕を組む、ポケットに手を突っ込む など

2 顔のあちこちを手で触れる(口を隠すためのカモフラージュ)
例)頬をこする、耳たぶをひっぱる など

3 もじもじと頻繁に姿勢を変える(その場から早く逃げ出したいという気持ちを抑制するしぐさ)

4 矢継ぎ早に話をしたり、てっとり早く話を終わらそうと返事も短く、話に柔軟性がなくなる

5 表情が硬くなって顔から笑いが少なくなり、返答をせずにうなずきで返すことが多くなる

6 異性との間でウソをつくときは、相手を凝視する

『手にとるように心理学がわかる本』渋谷昌三(1999)より要約
 

特に面白いのが、6の「異性との間でウソをつくときは、相手を凝視する」というポイントです。ウソをついているときには目をそらす、というのが通説だと思う人は多いでしょうが、こと恋愛関係においては、逆のようです。相手に「疑うなら、ボク(私)の目を見てよ」と言われたときには、要警戒かもしれません。

また、なかには自分をウソで塗り固めずにはいられない、病的なケースもあります。それについては、次のページでみていきましょう。

次のページでは、「演技性人格障害」、他についてお話いたします>>次のページへ