アロマバスは芳香成分の吸収が効果的

アロマバス
入浴にアロマを組み合わせると、とても効果的です
グッスリ眠るためには、布団に入る前にリラックスしておくことが大切です。

入浴はとても良いリラックス法で、38℃位のぬるめのお湯にゆっくりと浸かると、副交感神経が刺激されて、心と体の緊張が取れてきます。

また、体温が下がってくるときに眠気が訪れるので、寝床に入る1~2時間前に入浴する、自然に寝つきやすくなります。

お風呂のお湯にプチグレンを1~3滴加えると、アロマバスが楽しめます。精油はお湯の表面に浮きやすいので、よくかき混ぜてください。大さじ1杯の天然塩かハチミツに精油を加え、よく混ぜた後お湯に入れると、お湯と精油がなじみやすくなります。

アロマバスは、リラックス効果を高めることに加えて、芳香成分の吸収効率も良くなります。お湯の蒸気とともに揮発した芳香成分は、鼻の粘膜で吸収されて、脳へ電気信号を送ります。また、気管や気管支を通って肺に達した芳香成分は、肺の粘膜で吸収され手、全身に広がります。

さらに、精油の分子は小さいので表皮のバリアを通り抜け、皮膚からも吸収されて、血液の流れに乗ると全身へ運ばれます。皮膚のトラブルに有効なのはもちろん、肩までしっかり入れば、肩こりや冷え性の改善にも役立ちます。


快眠アロマ・シリーズの第2回では、眠りが浅いときにグッスリ眠るための、プチグレンを使ったアロマバスをご紹介しました。プチグレンは、前回取り上げたラベンダー との相性も良いので、ブレンドでも試してみてください。

――― ZZZ ――― ZZZ ――― ZZZ ――― ZZZ ――― ZZZ ―――

■ アロマテラピーについて、もっと詳しく知りたいときは

 ガイド記事: 「3種類のアロマテラピーで快眠生活!」
 お勧めサイト集: 「アロマセラピー・お香」
 書籍: 「医師が教えるアロマセラピー」 川端一永・吉井友季子 著

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項