ラベンダー (c)Ante Perkovic
寝つきが悪いときには、ラベンダーがお勧めです
今月から始まる月イチの「快眠アロマ・シリーズ」。第1弾では、ラベンダーの吸入法をご紹介します。

【目次】
■ ラベンダー豆知識 → P.1
これでグッスリ、かんたん吸入法 → P.2
可愛い快眠ともだち → P.3


ラベンダー豆知識

ラベンダーは、学名を Lavandura angustifolia という、しそ科の植物です。有効成分の酢酸リナリルやリナロール、テルピン-4-オールなどが効果を発揮します。香りの系統では、甘く優しい花の香りのフローラル系に、分類されています。

古代ギリシャ人やローマ人の沐浴に使われたことから、「洗う・入浴する」という意味のラテン語が、ラベンダーの語源となりました。昔の人も、ラベンダーの効能に気付いていたのですね。

アロマテラピーに使う精油の中で、ラベンダーは応用範囲が広いことで有名です。弱い香りには鎮静・リラックス効果があり、強い香りを嗅ぐと元気が出てきます。

殺菌・虫除け効果のため、ヨーロッパでは古くから、リネンの香りづけにも使われてきました。また、血圧を下げたり、けいれんや抑うつ症状にも効果があります。

女性にとって嬉しいのは、皮膚細胞を活性化したり、頭痛や生理痛を和らげる作用があることです。さらに、月経前緊張症や更年期障害を和らげる働きもあります。


次のページでは、手軽なアロマテラピーの方法を、ご紹介します。

――― ZZZ ――― ZZZ ――― ZZZ ――― ZZZ ――― ZZZ ―――

【リラクゼーション関連 お勧め記事】
 1位: 「快適な睡眠に効く7つのポイント 」
 2位: 「これで安眠! 新生活のストレス解消術 」
 3位: 「ストレス解消! 自律訓練法で睡眠名人に-1 」