文書中で専門用語や略語を使ったり、一般的ではない言葉を使ったりしたとき、その直後に説明文や略語の元の単語を入れることがあります。たとえば、「スマートフォン(電話とコンピュータが一体化した携帯端末)」や「IT(Information Technology)」といった感じですね。Wordには、このような説明文を上下2行で小さく表示する割注(わりちゅう)という機能が用意されています。今回は、Word 2003とWord 2007それぞれについて、割注を設定/削除する方法を紹介します。

割注で説明を入れる(Word 2003)

まず、Word 2003で割注を設定する方法を説明します。

1.割注を入れる位置にカーソルを置きます。ここでは、「IT」の直後に置いて、「IT」が何の略なのかを割注で入れることにします。
割注を入れる位置にカーソルを置きます。ここでは、「IT」の直後に置いて、「IT」が何の略なのかを割注で入れることにします
割注を入れる位置にカーソルを置きます。ここでは、「IT」の直後に置いて、「IT」が何の略なのかを割注で入れることにします


2.[書式]→[拡張書式]→[割注]を選択して、[割注]ダイアログボックスを開きます。
[書式]→[拡張書式]→[割注]を選択して、[割注]ダイアログボックスを開きます
[書式]→[拡張書式]→[割注]を選択して、[割注]ダイアログボックスを開きます


3.[対象文字列]に説明文を入力します。ここでは「Information Technology」と入力しました。
4.[括弧で囲む]チェックボックスをオンにします。
5.[括弧の種類]で括弧の種類を選択します。
6.プレビューで表示を確認して、[OK]ボタンをクリックします。
[対象文字列]に「Information Technology」と入力したら、[括弧で囲む]をオンにして[括弧の種類]を指定して[OK]ボタンをクリックします
[対象文字列]に「Information Technology」と入力したら、[括弧で囲む]をオンにして[括弧の種類]を指定して[OK]ボタンをクリックします


7.割注が挿入されます。
割注が挿入されます
割注が挿入されます

挿入した割注を削除する(Word 2003)