他の人とカップを間違えないコツ

最近はマイカップ持参が多いようです。カップの裏にマジックで名前を書くなど工夫があれば分かりやすくていいですね。しかし、役付きが上にいくほど名前がないことがあります。そういう時こそ、カップを間違えないように周知させておきましょう。

また、カップの大きさは自分が1回で飲める量が入るものを選びましょう。カップの中に飲み残しがあると、片付ける人に迷惑をかけることになります。

10分以内で終了!おやつ時間

お茶やお菓子が出てから10分以内で終わらせましょう。リフレッシュタイムが長いと逆に仕事がだれて効率が悪くなります。なんでもテキパキと、メリハリをつけて一日を過ごす事が、“できる人”というイメージが高まります。

いつまでも出しっぱなしにしない片付け方法

飲み終わったカップがいつまでも机の上にあるのは邪魔なものです。しかし、早く飲むことを強要されても幻滅です。お菓子を頂いても、お茶だけ残っている場合があります。だいたいお茶を出してから30 分くらいした時に片付けます。その時、飲み終わっていない人には「お下げしてもよろしいですか?どうしましょうか?」と声をかけて下げるようにしましょう。

おやつタイムに感謝しよう

画像の代替テキスト
ホッとできる瞬間は贅沢なひと時です。すべてのものに感謝の気持ちを持つことのできる女性は素敵です
おやつタイムはどの職場でもあるわけではありません。恵まれた職場である事に間違いはありません。何事にも感謝をすることが、長続きさせるコツです。

休憩時間以外に頂くリフレッシュメント。ちょっとした心遣いがあるかないかで、そのひと時が楽しくもなり、気まずいことにもなってしまいます。心遣いは相手の立場になって考えることです。思いやりという言葉で分かるように、思いをかけることが心遣いになるのです。憩いのひと時を効果的に活用する術を身につけて、楽しく仕事能率の上がる職場環境をつくりましょう。


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。