接待の目的

酒席の段取りも仕事と同じく「段取り9割」です

酒席の段取りも仕事と同じく「段取り9割」です

接待は、取引先やお客様との関係を保つ、さらに親密にしていくために欠かすことのできないコミュニケーションです。楽しく親睦を深めることが肝心ですが、常に目的を忘れてはいけません。接待の目的は大きく分けると、次の3つとなります。

1.謝罪やお礼のための接待
ビジネスで失敗して相手に迷惑をかけてしまった場合には、謝罪の意味をこめて接待を行ないます。また、大きな商談がまとまった場合などには、お礼のための接待を設けることがあります。

2.親睦を深めるための接待
人脈を広げたり、情報交換を行なったりすることがメインになります。ゴルフがその代表例です。

3.ビジネスを有利に運ぶための接待
商談や契約を成功させることが目的。契約額の大きさによっては、高級料亭などを使う場合があります。