アマチュア・ミュージシャン同士の出逢いを提供する、音楽専門サイト「With9」。バンドメンバー検索エンジンで、音楽プレイヤーの仲間探しをサポートします。今や、登録会員数は14万0,323名 (2004年10月24日現在)。同種のサイトでは、じつに最大数を誇っています。ユニークなマッチングビジネス誕生のいきさつを伺いました!

●検索エンジンなどのプログラミングについてはよくご存知だったのですか
それがまったくの門外漢だったのです(笑)。妻に「俺に10万円投資してくれ」と頼み込み、専門書を何冊も買い込みました。半年間、必死に勉強しましたよ。

頭のなかにあるのは、完成したウエブサイトのはっきりとしたイメージ。それを具現化しようと無我夢中でした。デザインも統一感を重視し、メニュー表示に一貫性を持たせるよう配慮したつもりです。こうして、1998年12月、ようやく「with9」がスタートしました。

●どうしてこのサイトを立ち上げることを思いついたのですか?
事の発端は、米国のCDオンラインショップを覗いていたときでした。とうに廃盤になったと思い込んでいた商品を、たまたま発見したんです。探していたものを見つけて嬉しかったのはもちろんですが、同時に「これはすごい時代になったぞ」と思わず武者震いしました。インターネットを駆使すれば、こんなことができるのかと。そのとき、「ウエブでビジネスをしてみたい」という思いがむらむらと湧いてきました。

とはいっても、CDのような商材を仕入れるルートがあるわけではありません。サイトを訪れた人自体が情報として価値を持つような仕組みづくりが必要です。しばらく考えた挙句、ひらめいたのがバンドメンバーのマッチングでした。私はアコースティックギターが好きで、アマチュアバンドを作っては演奏を楽しんでいたのですが、メンバー探しにはいつも苦労していました。

●当時、競合するサイトはなかったのですか
個人や音楽出版会社の掲示板サイトが50近くありました。しかし、いずれも検索エンジンはついておらず、使いづらいものでした。

そこで考えたのは、細やかな条件設定で検索が可能な掲示板です。一画面から飛べるシンプルな構成で、誰にでもすぐ利用できる仕組みにしたいと思いました。さらに、訪れた人にとって、それがどういったテーマで、どのページなのかが一目瞭然となっている――。使い勝手がよく、わかりやすいサイトを目指すことにしました。













●検索エンジンなどのプログラミングについてはよくご存知だったのですか
それがまったくの門外漢だったのです(笑)。妻に「俺に10万円投資してくれ」と頼み込み、専門書を何冊も買い込みました。半年間、必死に勉強しましたよ。

頭のなかにあるのは、完成したウエブサイトのはっきりとしたイメージ。それを具現化しようと無我夢中でした。デザインも統一感を重視し、メニュー表示に一貫性を持たせるよう配慮したつもりです。こうして、1998年12月、ようやく「with9」がスタートしました。

●サイト運営するうえで、苦労されたのはどんな点でしたか?
利用者があまりに多く、データが重くなってしまうのが悩みの種でした。しかたなく、何度も引越しを繰り返したものです。ウイルスにも困っていました。

今では、自分で購入した大容量サーバーを使っています。保守・メンテナンスもプロに外注することで、トラブルや作業負担はまったくなくなりました。