誰でも簡単に店舗が持てる――ゲーム感覚で起業体験ができることから、注目されているのが「レンタルショーケース」です。ショーケースの一角を月極で借りることができ、陳列するだけで自分の商品を販売代行してもらえます。いわば、常設のフリーマーケットのようなものでしょうか。将来、物販で独立開業したい人などにはとくにおすすめ。市場の動向を探るアンテナとしては、もってこいといえるでしょう。

レンタルショーケースで店を持とう


フィギア・プラモデル・人形・アート作品・鉄道模型グッズなどなど、扱っている商品は場所によって特徴があります。秋葉原などでは、レアものや自作の作品を含むフィギュアや、お菓子のおまけなどが中心です。お店のオーナーは購入者も大半が30~40歳代、サラリーマンも多いようです。

ついつい買いすぎてしまったもの、ダブって買ってしまったものなど、自宅に不用品がたくさんある!という人にはおすすめ。とくにコレクションを趣味としている人は、商材をたくさん抱えているはずです。

ケースには透明で、カギのついたものが用いられます。仕入れやディスプレー担当は出品者自身。したがって売上をアップするには、いかに目をひくように展示するかがカギ。売り上げから、利用料金と販売手数料を差し引いた残りが、出品者の収益となります。

出店料金は、東京・秋葉原の「PORDレンタルショーケース」の場合、40センチ四方のケースでレンタル料金が月4000円、他に販売代行手数料が商品代金の1割、残りがオーナーの取り分になります。中には月10万円以上売り上げる人もいるそう。

ほかに、「イエローレーベル」や「ハコウリ」などがよく知られています。ちょっとした手作り品などを試しに売りたい人にもお勧めです。

おもなレンタルショーケース


今や、全国には数多くのレンタルショーケースがありますが、おもなものをざっと紹介しましょう。

PORDレンタルショーケース
イエローレーベル
ハコウリ
アストップ
お宝クラブ「夢の国」
honey comb ―ハニカム
ギャラリー 世田谷233
新宿 JOYLAND
ポポンデッタ秋葉原店
レンタルショーケース グッドウィル
ヴァンヴェール
TOY CATS
キッズスタジアム
大阪・梅田 ファンタジアキューブ
レンタルショーケース FK2


――さていかがでしょうか。独立開業前の腕試しとして、あなたもレンタルショーケースを活用してみませんか。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。