インターネットの一般での1日あたりの利用時間数が高まるなか、ブロードバンドでの加入率もインターネットユーザーの4割を超えてきている現在、実店舗を出すよりも立上げ時期にかかる開業コストが安いので、オンラインショップでの起業・独立を考えている人は、意外に多いです。

わたしに相談してくる方では全体の6割を占めるような状況です。

そんなオンラインショッピングをうまく立ち上げるために計画段階で、どのような経営指標を取り上げて、数値を分析しながら精査していくかを今回のガイド記事でご紹介します。

まず、オンラインショップの経営指標と言っても難しく考える必要はまったくありません。

オンラインショップでは小規模であろうと大規模であろうと少なくとも全国を商圏を対象としているために外部で紹介されているマーケットデータとの誤差は少ないですし、最近飽和気味のサーバー業者のサービスの中でアクセスログ等のデータ(時には無料)はすべてデジタル形式で蓄積されるために分析しやすいのです。あとは社長自身がエクセルなどのソフトを準備し、具体的な分析ノウハウを確立するだけです。

では具体的にどのような指標を利用するのかを次のページでご紹介します。