交流会を通してビジネスチャンスをつかもう!!

秦社長
フューチャーゲート秦社長
人脈の大事さって感じたことありますか?起業してからは、仕事を探したり、提携先を探したり、様々なタイミングで人脈の大事さを痛感させられます。企業や人とのネットワークを築いていくことがとても大事です。そのために、様々な交流会などに積極的に参加しているかけだしの起業家の方が多いのではないでしょうか?しかし積極的に交流会に参加しても名刺交換だけで終わる会が多く進展しないことも… 私自身何度も経験しています。

そこで今日は、ビジネスマッチングを行い企業と企業、企業と人などを交流会や紹介を通してビジネスにつなげていくことをナビゲート、コーディネートする株式会社フューチャーゲートの秦社長に交流会でうまくビジネスにつなげるコツなどをインタビューしてみました。

ガイド:秦社長がそもそもビジネスマッチングを事業とした経緯をお聞かせ下さい。

秦社長:異業種交流会という名のつくものは数多くあるのですが、私自身その会に参加したときに、出会いたい人と出会えることが少なくあまり収穫の無い会ばかりでした。これは、運営側に問題があり参加者の「目的」や「ニーズ」を明確にしないまま日程の合う方だけを集めて、どうぞご自由に。というスタイルで進めているからです。これでは、ビジネスにつながることを期待して行っても無駄に終わることが多い。この無駄はどうにかならないだろうかということで、自分自身でやってみようと思いこの事業をスタートしました。

秦社長:運営側が、事前のアンケートなどを実施して交流会に参加したい方の「目的」や「ニーズ」を情報として持っておく、そしてその「目的」や「ニーズ」が合致している同士をそれをテーマにした会として交流させることができたら無駄もなく、ビジネスにつながる確度も高いのではないかと思います。

>目的やニーズを明確にすることで、意味のある交流会参加になることが分かりました。次のページでは最終的にビジネスにつなげるためにはどうすればいいのかを伺ってみます。