事業をやるには人が必要。

伝える
しっかりあなたの魅力を伝えよう
そうなんです。やっぱり自分ひとりでできることには限界が…。しかも起業当初のコアメンバーとなる人材集めは本当に重要です。重要なんですが、難しい。本当に難しい。難しさの理由をあげると、

・入社直後から力を発揮してくれる経験者が必要。
・転職支援会社の手数料が高すぎて使えない。
・求人サイトに載せるのは結構お金がかかる。
・求人サイトに載せても、誰も知らない会社は読み飛ばされる。

といった具合。限られた立ち上げ資金を採用費用に回せないのはどこの立ち上げ当初の会社も同じでしょう。

やっぱり縁故採用が一番
知っている人、または知っている人からの紹介がやはり一番信頼できます。しかも、転職エージェントを使った場合に発生する給料の3ヶ月分以上の費用や、求人媒体を使った場合の50万以上のコストもかかりません。最初の人材集めには自分の持てるコネクションをうまく使って、いい人材にたどり着けるようにしましょう。

しかし、出来立て、もしくはこれからできる会社に優秀な方に参加してもらうのは大変なことです。じっくり説得する必要があります。時間がかかることを理解し、早めの準備を心がけましょう。

>とはいえ縁故採用だけで人を集めるのは大変です次のページでは、縁故以外での人集めについて見ていきましょう。