株式会社クラウドロイド 代表取締役 吉田秀史氏

クラウドロイド吉田さん
「インターネットを使って、時代の針を進める」をビジョンに、インターネットメディア事業と、システムソリューション事業を行う株式会社クラウドロイド。

今回は代表取締役の吉田秀史氏にお話を伺いました。


インターネットで、我々がいなければ成し得なかった未来を創造したい


Q.まずは吉田さんのご経歴をお話いただけますか?
A.大学卒業後、日立製作所にてソフトウェア製品開発をしていました。
その後野村総合研究所に転職し、システムエンジニアとしてシステム構築に携わった後モバイルベンチャー企業であるインタースパイアに転職したんです。そこではEコマース事業を担当していました。

最初の2社ではプログラミング、SEとしてのスキル、そして3社目では、インターネット・そしてモバイルについて学び、それらのスキルをベースに起業に至っています。

クラウドロイドロゴ
Q.起業することになったきっかけは?
A.以前より、自社の事業として、世の中にインパクトを与えることができるサービスを作り上げたい、という思いはありました。

1社目、2社目では、対企業向けのシステム事業を担当していましたが、プロジェクト終了時には達成感があったものの、各プロジェクトを経るにつれ、他社の事業のお手伝いではなく、自社サービスのために自分のスキルセットを活かしていきたい、という思いは一層強くなっていきました。

明確なきっかけ、というものはないのですが、年齢的にもトップギアを入れ続けることができるのは今しかないと考え、起業に至りました。

今は、「インターネットで、我々がいなければ成し得なかった未来を創造したい」という気持ちで事業を行っています。


Q.会社の作り方、社員の集め方を教えてください。
A.会社は自己資本100%で興しました。社員もコミュニティ等で募集しているため、投下資本はコーヒー代程度です。
潤沢な資金や人材のためのパイプがあった訳ではないため、この様にせざるを得なかったのが現実です(笑)

Q.会社を興すにあたっての悩みや苦労は?
A.会社の作り方のところでも述べた人材の点でしょうか。
自分と同じテンションで同じベクトルを向く人間、というのは、当然ですが本当に探すのが難しい。
既にビジネスとしての形が出来上がってからは、探すのは(製品という具体例で示すことが出来るので)議論はし易い。
しかし、人材は、ビジネスが出来上がる前には必要だったりします。難しいですね。

また、この後述べる事になる自社製品の開発が大変でした。
弊社ではシステム開発も請け負っており、当時はそちらの仕事が多く、製品開発に回す時間がほとんどありませんでした。
人手もたりなかったので、睡眠時間を半分にするのと移動中の電車で、特急券を買って席を確保しひたすらに開発していました。
このころは本当にただ時間が欲しかったですね。
今もですが(笑)。

次のページでは吉田さんの会社の具体的なサービスについてお伺いします。