前回の『PGPで暗号化メールを送る』では相手の公開鍵を使って暗号化メールを送信しました。今回は送られた暗号化メールを秘密鍵を使って復号化し、暗号化前の文章を手に入れましょう。さらに電子署名をつけ方を解説します。

※「公開鍵暗号方式のPGPを使ってみよう」シリーズ 目次はこちらです。

公開鍵暗号方式って何?

「暗号化メールを復号化する前に、ここでもう一度公開鍵暗号化方式について復習してみましょう。」
公開鍵と秘密鍵
公開鍵と秘密鍵


「まず、秘密鍵暗号方式があります。これは家で言えば『ドアを閉める鍵』【暗号化】と『ドアを開ける鍵』【復号化】に同じ鍵を使います。」

「では、この秘密鍵暗号方式で問題となるのはどういう点ですか?」
秘密鍵暗号方式
秘密鍵暗号方式


「秘密鍵暗号方式は普通の家のドアと同じですので、遠隔地の相手に対して、いかに漏洩せず鍵を送るかが問題となりますね。」

「その通りです。また相手が会社を退職したような場合、鍵が流出することになりますので秘密鍵を変更する必要が出てきます。」

「中古住宅を買った時に、鍵を付け替えるのと同じですね。」

「そこで考え出されたのが公開鍵暗号方式です。」
公開鍵暗号方式
公開鍵暗号方式

「これはドアを閉める鍵』【暗号化】と『ドアを開ける鍵』【復号化】の鍵が違ってもよいという偉大な発明でした。」

「『ドアを開ける』時に使う【秘密鍵】をしっかり手元に保管し、【公開鍵】は公開鍵サーバーにアップしたり相手に送ることで暗号化に使ってもらいます。」

「その公開鍵暗号方式を使っていたのがPGPでしたね。」

「そうです。では届いた暗号化メールを【秘密鍵】で復号化してみましょう。」

秘密鍵で復号化する

「メールで暗号化されたファイルが添付で届いたら、まずファイルを保存します。PGPがインストールされているとファイルをダブルクリックすると自動的に【秘密鍵】を問う画面が出てきます。」
パスフレーズを入力する
パスフレーズの入力

「確かパスフレーズというのは公開鍵・秘密鍵のペア鍵を生成する時に入力したパスワードのことでしたね。」

「そうです。ではパスフレーズを入力してもらえますか。」

「しっかり、覚えていますよ。えっと、あれ入力しても何も出てきませんね。」

「【入力非表示】のチェックをはずせば入力した文字が出てきます。」
復号化した元のファイル
復号化した元のファイル

「本当だ。入力するとファイル保存の画面が出て、ファイルが出てきました。」

「これが暗号化前のファイルです。つまりこれで復号化できたことになります。」

「すごく簡単なんですね。」

「そうでしょう。PGPを使って暗号化・復号化を行いましたが他にも色々とできます。次は電子署名をつけてみましょう。」

電子署名をつける >>