マックで出ないホームページ

マックできちんと表示されるか、ほとんどの会社が確認していません。
Windowsで見たホームページ
Windowsで見たホームページ

凝ったホームページを作成しWindowsで確かめましたが、マックやリナックスで確かめていません。

『紺屋の白袴』ではありませんが、ITベンダーのホームページでマックで見たらまともに表示されないところがけっこうあります。

iPodのヒットなどで、ひところに比べマックユーザーが増えています。少々ぐらい表示がずれるくらいならかまいませんが、クリックしてもまともに動かないとなると、二度とホームページを見てもらえなくなり、潜在顧客の数%をこれで失っていることになります。
マックで見た同じホームページ
マックで見た同じホームページ

ホームページの作成で、凝ったタグやプログラムを使わず、基本的なタグで作成すれば特別な対応は必要ありません。

複雑なホームページを作成した場合は、ぜひマックなどの別環境で表示されるかどうか確認してください。

また、いまだに『丸付き数字』、『ローマ数字』や『(株)』などの機種既存文字(ウィンドウズで表示されるが、マックなどでは文字化けする文字)を使っているホームページがたくさんあります。少し気をつければよいだけですので、ぜひ見直してください。

ちょっとした工夫

ホームページには分かりやすい導線をつけることが重要です。
AllAboutの導線
AllAboutの導線

例えば、どのページからもトップページに戻るような工夫です。クリックしていくと、どんどん進むだけで、トップページに戻れないホームページがたくさんあります。

複雑な構成になってしまったら、サイト全体の構成を示すサイトマップを用意するのも有効です。

また困るのがホームページの印刷です。

メニューバーから印刷をすると右が切れてしまうホームページがあります。この場合は裏技というほどではありませんが、縮小機能を使って、うまく印刷する方法があります。

■印刷した時に画面の端が切れないようにするには(インターネット・エクスプローラの場合)
・「ファイル」から「ページ設定」を選んで、用紙サイズをB4サイズに変更。
・右下にあるプリンターを選んで、「プロパティ」をクリック。
・「レイアウト」をクリックし、「拡大/縮小」にチャックマークを入れて出力用紙をA4に変更。
・「OK」を押し、印刷プレビューで確認して印刷。
右が切れるホームページの印刷
右が切れるホームページの印刷

ただこの方法は初心者には少しややこしいですし、B4サイズが印刷できるプリンターが必要などやっかいです。

自社のホームページを印刷してみて右が切れるようであれば、印刷用PDFファイルを別に用意しておきます。

ホームページを印刷するということは別の誰かに伝えてもらえる確率が高くなります。DMを送るよりよほど効果的です。

いかがでしたか?ホームページは安価でできる自社の広報ツールです。ほったらかしにせず、うまく活用するようにしてください。



参考ガイド記事

メールでばれる会社のレベル
メール対応ができていない企業が本当に多く、会社のレベルがばれてしまいます。またスパムメールが増える中、メールマナーも少しずつ変わっています。再チェックしましょう。
名刺でばれる会社のレベル
名刺にメールアドレスやホームページアドレスを記載していない企業もあれば、きっちり記載している企業までレベルは様々です。一番レベルが高い企業はホームページアドレスを記載していません。その訳は...


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。