一般資料と重要資料

実地調査で収集した資料は一般資料と重要資料に分かれます。

一般資料とは、特に不正はなさそうだが、通常振込決済なのに一部の会社だけ現金決済であるというような不審なものを中心に収集します。重要資料とは、不正の可能性が高いものや、個人的なメモ的なものなどが該当します。意外に、個人メモは税務調査で重要視されます。

【関連記事はこちら】
税務調査ってどうよ?パート1
税務調査ってどうよ?パート2
脱税のペナルティはトリビアの泉

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。