就活の面接で「朝ごはん、何を食べました?」と聞かれたら……

就活の面接で朝ご飯について聞かれたら

今日の朝御飯、何を食べたかが問題ではなくて、どんな気持ちで食べたかの方が大切なのだ。


面接で頻出する質問、

「朝御飯、何を食べました?」

対策を考えてみたい。類する質問としては、
  • 「昨日観たニュースで印象に残ったのは?」
  • 「最近読んだ本は?」
  • 「好きな映画は?」
がある。一体どう答えればいいのだろうか?

---------------------------

まず、何度も確認するが、面接官は面接で君の「何」を測ろうとしてるのだろうか? 答えは以下の二つ。
    • “求める力”を持っていること。
    • 入社してからでもその力を発揮できること(再現できること)。
では、面接でどうやって測るのか? それは「求める力を持っているか?」そして「本当に再現できるのか?」を、ただ深く聴きまくるだけである。

この場合避けたいことは、以下の二つ。
    • 緊張しまくって、素朴な本来の君の姿を測れなくなること
    • 作ってきた自己PRや志望動機を棒読みされること

そこで生まれる言葉が前回紹介した「緊張してますか?」である。
さて、今回の質問「朝御飯、何を食べました?」は、一体何を聴いているのだろうか。

「食べていないとまずいのだろうか?」
「やはり白いご飯と味噌汁と答えるべきなのだろうか?」
「どこまで細かく説明すべきだろうか?」

さあ、一緒に考えてみよう。
 

求められいるのはご飯の内容ではなく「求める力」

面接官は、そのままの君と、気さくに話をしたいと思っているんだ。

面接官は、そのままの君と、気さくに話をしたいと思っているんだ。


面接スタート。開口一番、面接官は「朝御飯、何を食べました?」と聴きました。

さて、どう答えればいいのだろうか? 答えは前述した通り、

「緊張せずに君の言いたいことを言って君に“求める力”があるか教えてくれよ!」

である。それを念頭に話せば、答えは幾通りもある。例えば、

「第一志望で緊張して、朝御飯を食べることを忘れました!」
「ご飯と味噌汁ですが、本日は力を込めるために、おかわりしました!」


とまず熱意を伝え、引き続き、

「まず、最も御社に伝えたい私の力をお伝えしても宜しいですか?」

と聞いてもいいし、

「大切な日の朝、いつも心掛けることがあります。それは……」

などいきなり自己PRを始めてもよい。

同様に、「昨日観たニュースで印象に残ったのは?」も、求める力を伝えやすいテーマを選んで、自己PRを始めればいい。それは「最近読んだ本は?」「好きな映画は?」も同じである。その質問をキッカケに、「君が伝えたい力」を伝えればいいのだ。

もしニュースを見忘れたなら、「昨日のニュースではないのですが…」と始めればいい。本も映画も同様に、

「最近読んだ本ではございませんが、心に残った本は…」
「最近観た映画ではございませんが、心に残った映画は…」

と始めればいい。つまり、「何を食べたか?」「何を観たのか?」「何を読んだのか?」が問題ではない。面接官はただ、“地ならし”をしているだけだ。会話が活性化することを望んでいるだけだ。どんな質問が来ても、すべて「会話」の一環と思えばいい。


逆に良くない答は、こうだ。

「ご飯と味噌汁です」
「6カ国協議です」
「渡辺淳一『鈍感力』です」
「妻夫木聡主演の『どろろ』です」

これでは、「君はそれで何を伝えたいの?」となってしまう。面接官が引き続き聴いてくれなければ、それで終わりだ。なぜ「終わり」か? それは「会話」になっていないからだ。

-------------------------------


面接は、「君が“求める力”を持っているのか?」を測るための手段である。

よって、こう言えば合格とか、こう言えばアウトとか、そんなものはない。答えを考えておこうと考えてしまう学生が多いが、それは無意味だ。なぜなら、何を聴いてくるかわからないからだ。答えを用意しておくのではなく、あくまでも「会話」しながら、「求める力」を伝えようとする姿勢が、大切なのだ。

「なるほど、君ならウチに入社してからも、活躍してくれそうだな」と、具体的に納得させるためにも、
 
  1. 御社が求める力を持っていること。 
  2. 入社してからでもその力を発揮できること(再現できること)。

を伝えることに専心しよう。
 
※企業研究中に出てきた食べ物、ニュース、書籍、映画を用いたほうが、熱意とその企業が求める力は表現しやすいことも、留意するべし。

※合コンで始めて会った異性に、まず何を質問するだろうか? 住んでる場所や、好きな芸能人など、いろいろ話題を振ってみるだろう。あの感覚と同じだ。とにかく「面接は会話」であることを念頭に置こう。

【関連記事】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。