「朝御飯、何を食べました?」って、いつも食べてないよ!

今日の朝御飯、何を食べたかが問題ではなくて、どんな気持ちで食べたかの方が大切なのだ。

今日の朝御飯、何を食べたかが問題ではなくて、どんな気持ちで食べたかの方が大切なのだ。


さて、面接対策シリーズ第二弾は、これも面接で頻出する質問、

「朝御飯、何を食べました?」

対策を考えてみたい。類する質問としては、
  • 「昨日観たニュースで印象に残ったのは?」
  • 「最近読んだ本は?」
  • 「好きな映画は?」
がある。一体どう答えればいいのだろうか?

---------------------------

まず、何度も確認するが、面接官は面接で君の「何」を測ろうとしてるのだろうか? 答えは以下の二つ。
    • “求める力”を持っていること。
    • 入社してからでもその力を発揮できること(再現できること)。
では、面接でどうやって測るのか? それは「求める力を持っているか?」そして「本当に再現できるのか?」を、ただ深く聴きまくるだけである。

この場合避けたいことは、以下の二つ。
    • 緊張しまくって、素朴な本来の君の姿を測れなくなること
    • 作ってきた自己PRや志望動機を棒読みされること

そこで生まれる言葉が前回紹介した「緊張してますか?」である。
さて、今回の質問「朝御飯、何を食べました?」は、一体何を聴いているのだろうか。

「食べていないとまずいのだろうか?」
「やはり白いご飯と味噌汁と答えるべきなのだろうか?」
「どこまで細かく説明すべきだろうか?」

さあ、一緒に考えてみよう。


※次のページで、質問の意図を考えれば簡単であることを学ぼう!